NHKの受信料拒否が増え続けていて、今日付の『毎日新聞』夕刊によると、70万件に迫る勢いだそうな。

 私はNHK受信料の支払いを停止して20年以上の経歴を誇る(誇っていいのか?)。NHK受信料に疑問を抱かずに払い続けている人を、私は「偉いなぁ」と不思議に思ってきた。

 今回のドタバタで海老沢会長が辞職するしないにかかわらず、受信料拒否は増え続けると私は推測していた。なぜならば、「受信料を払わなくてもいい」ことに大勢が気づいたからである。今の法律では受信料を払わない人に対する罰則規定がないので、強制力が働かない。となると、善意の人しか払うまい。

 NHKの今回の最大の“失敗”は、パンドラの箱を開けてしまったことにある。