新聞に橋本治さんの新著の広告が載っている。題して『勉強ができなくても恥ずかしくない』という。自伝的小説だそうな。

 橋本さん自身は東大卒である。だからこそ言えるのである。

 そもそも勉強ができないことは恥ずかしいことである。本の題名に欺瞞のニオイが漂う。