東京・新宿の紀伊国屋書店新宿南口店で参考書コーナーを見て回った。私の大学受験時代に比べると、予備校が出版した本や予備校講師が書いた本が非常に増えている。

 そのぶん、どれを買えばいいのか迷ってしまうだろう。私の時代は迷うほどは出版されていなかった。迷わずに済んでよかった。

 そこで、迷いそうな受験生のために明確に指摘しておく。

 英語に関して、特に英文解釈に関する参考書は、駿台予備学校で教鞭を執った伊藤和夫(故人)のものが今も図抜けて最高峰である。

 苦闘を強いられた『英文解釈教室』に今では入門編や基礎編があるのだから、こんにちの受験生は恵まれている。このシリーズと『ビジュアル英文解釈』シリーズ、おまけに『英語長文読解教室』をきっちり押さえれば、大学入試の英文で読めないものはない。

 悩んではいけない。