ブログネタ
.気になったニュース に参加中!
 確定申告の時期が近づいている。私は今回も書類に手書きして申告するつもりだった。

 インターネット経由で申告できるという点では便利な「イータックス」制度があるのだけれど、そのために必要な設備費用は個人負担である。

 電子証明書つきの住民基本台帳カードとICカードリーダライタを数千円で買わなければならない。

 イータックスの導入で楽ができるのは税務署だから、こうした費用は本来なら税務署が負担するかせめてICカードライタを貸し出すかするのが筋である。

 とまぁ、そう思っていたのだが、今年か来年の確定申告をイータックスですれば、所得税額から最高5000円が控除されることになった。

 国税庁がお金のサービスをするのは珍しいのではないか。四角四面の行政機関でもやろうと思えばサービスできるというお手本である。

 導入を考えることにした。