医院やクリニックの院長には2種類の医者がいる。1つは自分が経営している医者、もう1つは雇われ院長だ。

 自分が経営している医者の場合、組織をよくしようと隅々まで目を向ける傾向が大きい。一方雇われ院長の場合、個人差が大きい。一生懸命に組織の隅々まで目を配る人もいれば、自分の身の回りのことしか関心を持たない人もいる。

 後者の場合、ろくでもない看護師がいても気にならない。しわ寄せは患者さんに集まる。医療事故が起きそうになるのは得てしてこういう医院である。