ニュースリリースを長年受け取る側だったので、いろいろなニュースリリースを見てきた。その経験を活かして、ある業界の人で希望者にニュースリリースを出すお手伝いをしている。

 叩き台から完成まで私がすべて書く場合もあれば、叩き台はその人が書いてきて、私と質疑応答をして、私が完成させる場合もある。そのうえ、ニュースリリースの送付先まで私が用意する。

 その人の費用はニュースリリースのコピー代と封筒代、送料だけ。業者がやれば何十万円もかかる作業が私の手にかかれば2000円もかからない。素晴らしい(自画自賛)。

 こうして私はある業界で実力のある人たちとのネットワークを築くことができる。いざという時に私が助けられるし、先日は私の大事なお客様をある実力者に紹介して喜ばれた。

 こんなことを無料でやっているのは私くらいだろう(我田引水)。私を信じる人を私はお手伝いするだけだ。信じない人は大損をしていることは間違いない。