広島市内のビジネスホテルで絶句した。これ、不良品じゃないか。いくら何でもひどすぎないか。でも、まさかアディダスの商品管理が阿呆だとも思えない。ということは、これが真っ当な商品なのか。広島のアディダスショップで買ったばかりのランニング用靴下にガックリきた。

P1170747


P1170749


 上記の写真は7回ほど履いて走り洗った状態で撮影したものだ。しかし、買ったときからこうなっていた。4000円近い靴下だし、アディダスの商品管理がまさかデタラメだとは思わなかった。広島の店で買ったあと、アディダスのネットショップで試しに同じ靴下を買ってみたところ、同じようにひどい毛羽立ちの商品が届いた。疑問を抱きつつも「アディダスの靴下はこんなものか」と思うしかない。

 ところが、その疑問が氷解した。同じ商品を買った友人のものを見て驚いた。あまりにもきれいなのだ。というか、本来このようなものであるべきだろう。


 
P1170063


 では、私が買った靴下は何なのか。同じ商品なのになぜここまで違うのだろう。品質管理がデタラメなのか日本を馬鹿にしているのか一般消費者は客と思っていないのか。

 迷った末、アディダスグループのお客様窓口に連絡して現物を送った。もちろん買って7回くらい履いて走り洗ったと伝えた。しかし、買ったときからこうなっていたことは私の命に賭けて誓う。

 アディダスがどんな返事をしてくるか。見どころはこの1点に尽きる。

 続く