P1210052
 石川文洋さんのベトナム戦争写真を見て、あらためて思った。戦争映画を見ても戦争のことなどこれぽっちも理解できない、と。映画はビジネスなので、観客を感動させなければならないという宿命を負う。恋愛映画ならもれなく感動がついてきていいのだが、戦争を描く映画に感動を表裏一体化させるのは無茶苦茶だ。

 文洋さんが撮ったベトナム戦争の写真のどの1枚も感動などない。私が感じるのはいとも簡単に命を落とすことへの恐怖心だけだった。戦場にいればこの恐怖心さえ麻痺すると聞く。

 架空の映画が現実の戦場で撮った写真を上回ることなどあり得ない。だからこそ戦場写真を見る意味がある。