心ない言葉のセクハラが最高裁で認められた。

 以前も書いたけれど、セクハラ問題に詳しいワタシが核心を述べておこう。

 セクハラかどうかの判断は相手がどう受け止めるかで決まる。以上。

 愛する人から「かわいいね」「愛くるしいね」「子供をつくろう」と言われて嫌がる女性はいない。でも、ぜーんぜん興味のない、あるいは気持ち悪い男から同じことを言われたら女性は背筋が凍る。

 要するに「言葉」以前の「人間関係」が重要なのである。この間合いを読み間違うような男はモテないクンだな。