私が泊まっている広島の宿で、枕元に絵が飾られている。なんで絵を飾るかね。

 絵を裏返して見ようと思えば見ることができる。裏返して見て、お札が張られていたら怖くて眠れなくなるので、私は絶対に見ない。

 都市伝説なのだろうが、部屋で自殺や自然死があった場合、絵の裏側に除霊のためのお札を張ると言われていて、私は未だに信じている。私のように信じている人は少なくないのではないか。

 絵などを全く飾っていない宿もある。そもそも宿の部屋に絵は絶対に必要ではない。恐怖感を増すだけだ。こんなことを思うのは私だけか?