P1260513

 ベトナムに興味を持つ人間なら見ないわけにはいかない。映画『ベトナムの風に吹かれて』である。

 日本のベトナムの合作を駄作と言うわけにはいかないし、吉川晃司の場面は不要とも言うわけにはいかないので、いいところを挙げてみよう。

・松坂慶子さんがベトナム語を話している。発音が難しいのによく頑張った。拍手を贈る

・ベトナム人の俳優女優に味わいがある。私は守衛役のヴァン・バウさんが気に入った

・草村礼子さんの顔は本物の痴呆老人にそっくり!

・奥田瑛二、いい味を出してるなぁ

・主題歌「たまには仲間で」は人生の終盤が見える世代には染みる

 松坂慶子さんはもう60代。福島支局から『サンデー毎日』編集部に異動してすぐに取材させられたのが松坂慶子さんの結婚にご両親が反対している騒動だった。ご自宅を訪ね、男を「馬の骨」とののしり怒り狂うお父さんの取材をした記憶がある。お父さんのクヤシイ気持ちは分からないではないけれど、離婚せずに来ているのだからいい結婚だったのではないか。

 松坂さんはずいぶん貫禄がついたように見える。でも、美しさは変わらない。