たまたま見た「JBpress」というサイトの会社案内ページにこう記されている。

<WEB経済メディア『JBpress』の編集には、日経ビジネス、時事通信、中央公論から豊富な経験と人脈を持つメンバーが参加し、ビジネスパーソンの知性を満足させる上質なコンテンツの提供を追及しています>

 引っかかったワタシ。うーん。別にいいんだけどね。でもなぁ。「ついきゅう」と言っても主に「追及」と「追求」と「追究」の3つがあって、それぞれ意味が異なるから気をつける必要がある、ということを知らないのだろうか。この文の流れで「追及」はないだろう。あるのか?

<知性を満足させる上質なコンテンツ>と謳うのは自由だ。ただし、その前に、どの言葉を使うかという判断が欠かせないでしょ普通。

 校正・校閲がないのだろう。でも、<知性を満足させる上質なコンテンツ>と言うのならここにお金をかけないと。