沖縄のカメラマン・ビーンさんはライカやニコン、富士フイルムなどいろいろなメーカーのカメラを使い倒してきた。その体験からこう言う。

「例えばスピードものの撮影は、富士フイルムはニコンにかなわない。写真の題材によって、カメラもTPOがある。静物と人物は富士フイルムかライカ、風景はライカ、動くものはニコンがいいといった風にね。1つのメーカーに特化するのではなく、うんと浮気をすることです」

 そうか。浮気をしていいのか! ← 私の十八番牽強付会