このブログのどこかで書いておいたように、与党が圧勝した。まぁ、こんなものだろう。大勢を占める層の有権者には最初から期待していないので、この結果には全く驚かない。

 しかし有権者に判断力がないとは思わない。有権者が本気で怒ると結果は変わる。今回は2選挙区で顕著だった。

 沖縄選挙区は、宮城県生まれで沖縄の男性と結婚したので姓が変わったに過ぎない自民党の島尻安伊子沖縄北方担当相が落選した。これまでの沖縄の選挙を見る限り妥当である。島尻さんは沖縄の気持ちより自民党の方針を優先したから有権者に見限られただけの話だ。そもそも沖縄担当相の器の人ではなかった。

 福島選挙区で自民党の岩城光英法相が落選したのは福島原発の終息や補償に関する県民の意思表示だろう。

 どちらも現職の大臣で、それが2人も落選するのだから、安倍さんは安穏としていられないはずなのだが、自民党が圧勝したからにやけている。そういう人なのだな。