P1000510

 お隣の茅ヶ崎市に開高健記念館があることは以前から知っていた。にもかかわらず行ったことがない。

 思いついて訪ねたのは、ずっと部屋にこもって仕事をしてきて、アタマに気分転換が必要だとココロが欲したからである。

 私の自宅から10キロあるかどうか。ランニングで行けるくらい近い。しかし汗まみれで入館したらたぶんびっくりされるので、電車と徒歩で訪ねた。

 NHKのインタビュー番組をビデオで流していて、その中で「精神の危機」という表現を開高健が使った。ああ。そうなのか。きわどいところを歩いていたのだな。でも文学の力で切り抜けた開高健は恵まれているなぁ。

 凡人は開高健をウラヤマシく思うのである。