東京の東西線早稲田駅近くのクリエイトは客を待たせない。客が1人でも並ぶとすぐに「何番レジのカイホウを」と店内放送が流れる。この効果か、近くのセブンイレブンも負けてはいない。客がレジ待ちをしている姿を見つけたら店員がすぐに別のレジにやってきて「お待たせしました」。

 これに慣れてしまったのだろう。夜のファミリーマート平塚駅前店のレジがチンタラやっているのを見ると不思議な思いを抱く。先日など私がブランブレッドを3個抱えて待っているのに、手前のレジの兄ちゃんは洗い物か何かをチンタラやっている。目の前の客より掃除が大事なのだろう。

 30〜40代の私なら「おい! はよせい! 見えんのか! ワシが待っとるがな!」と叱りつけているところだが、人間ができてきたのか老いてきたのか達観したのか、黙って待つ。

 数分待つ余裕がない客も恥ずかしいし、レジ待ちの客を見て何とも思わない店員も恥ずかしい。正解はない。ただ、私が店員なら洗い物をすぐにやめてレジに立って客を迎えることだけは間違いない。