タバコが好きな人に吸うなとは言わない。たくさん税金を払ってほしい。ただし、私はタバコの煙が嫌いだ。乗り物の中でタバコのにおいを嗅ぐと酔ってしまう。タクシーに染みついたタバコのにおいでも酔う。

 タバコが好きな人はどんどん吸えばいい。吸う権利を私は否定しない。と同時に吸わない権利を私は主張する。対等である。

 狭いコーヒー店のカウンターに座ったら、隣の席のおっさんにタバコを吸われて往生したことがある。飲食店経営者は「屋内禁煙にしたら客が減る」などと些末なことを言っている場合ではない。喫煙者は外で吸えば済むではないか。そういうルールを掲げればいいだけだ。喫煙者にも嫌煙者にもいい顔をしようと思ってもそれは無理だろう。かえって経営者の姿勢が問われてしまう。

 東京・新橋駅前には喫煙OKという看板を掲げたコーヒー屋がある。試しに入ってみたが、たちまちタバコのつんとしたにおいに襲われ退散した。しかし、喫煙できると明示してあったので問題ない。

 喫煙者はビニール袋か何かを頭からすっぽりかぶってその中で吸う、というような商品が登場してもいい頃なのに、まだ出ないなぁ。