しくじった。アマゾンで『月光の夏』が売り切れたのだ。楽天などで探したが、もうない。目ざとい人たちがここぞとばかりにバカ高い価格をつけて売り出している。

 こんな映画、よほどの好き者以外は誰も買わないだろうとのんきに構えていた私が阿呆だった。

『月光の夏』は優れた映画である。戦争を一切美化していない。個人の想像を上回る映像を示して戦争で兵士がどう死ぬのかをわれわれに見せた。生き残ればいいわけではないことを仲代達矢の抑えた演技が教えた。

 ああ、買っておくべきだった。急ぎではないので、ポニーキャニオンさんの販売再開を待つかな。