福島から避難した子供たちが転校先でいじめに遭っている。ふつふつとわき上がる悔しさをじっと抑えながら、ここに吐く。

 福島から転校してきた子供がいじめの対象になりやすいと報じられて何年も経つ。にもかかわらず未だに福島の子供がいじめに遭っているとすれば、それは担任教師と校長の責任である。

 私が教師なら「福島の子だな。いじめられないよう注意しよう」と思って目配りをして、万一いじめががあればいじめる側を烈火のごとく叱りつけ、クラスで子供たちに福島の苦難を伝え続ける。教師なら当たり前ではないか。それができない教師は一体何のために教師になったんだ?

 福島っ子に限る話ではない。いじめを阻止できない担任教師と校長は親が徹底的に締め上げていい。私に代理の権限を与えてもらえるなら、『いじめ撃退マニュアル』の筆者小寺さんと一緒にやるんだけどな(笑い)。こんなビジネス(?)なら私に向いているような気がする。