自宅マンションの大規模修繕工事が進む中、「夜の24時過ぎ、足場に人がいた」という連絡を高層階の住人から受けた。ちょうど洗濯物を取り込もうとして発見したという。住人が窓を開けた瞬間に相手は足場の隅に動いて、じっとしていたそうな。そりゃ怖い。

 この話を聞いて建設会社にはすぐに対応策を講じてもらったし、「ためらうことなく警察に通報を」という張り紙を出して告知した。

 犯人が外部からの侵入者とは限らない。

 私の祖母が生前徳島で下宿屋をしていて、女性3人が住む家があった。その中の1人の女性の部屋に侵入しようとした男が警察につかまった。近所の男だった。

 これで祖母と母のギモンが解消した。被害に遭った女性は3人の中で最もきれいだったそうで、「ほかの子でなく、何であの子の部屋を狙たんだろうと不思議やったけど、近所やけん、顔を知っとったんじゃな」。

 さて。わがマンションである。夜の暗闇の中で狭い足場を歩くのは危ない。それなりに熟練しているか、相応の意気込みがあるか、だろう。1階から侵入してその階までたまたま行ったとは思えない。ピンポイントで狙ったとしか思えないのである。

 ということは?