読み方を書け。

 正解は「ねんぽうをおもんぱかる」。

 フェイスブック上で友人たちが「慮る」の読み方について投稿しあっているのを見て思い出した。年俸を「ねんぼう」と発音していた友人がいて、彼女に「それ、間違ってないか」と一度確かめたいと思いながらその機会をなくしていたのである。

『週刊金曜日』編集部の仲間で、聡明な人だったから、もしかして私のほうが間違っているのかもしれないと謙虚になっていた。たまに思い出しては沈み、また思い出しては沈みを繰り返してきた「年俸」の読み方を手元の『広辞苑 第五版』と『新明解 第五版』でいま確認したところ、やっぱり「ねんぽう」だった。

 ほっ。