ソフトバンクで孫正義さんのそばで仕事をした三木雄信さんの英語本はこれが2冊目で、基本的に前著で十分ではある。

 しかし、本書を読むと英語の習得に1年以上かけるのはおかしいと気づく。要はやる気と費やす時間の問題なのだが、三木さんが東京大卒であることは重視しなければならない。そのレベルの人には三木式はいいだろうが、そもそも中学英語が完璧でない人が真似をしても三木さんのようにはいかないだろう。

 それにしても孫正義さんのそばで英語を必死に勉強して習得し、その経験で英語本を出版し、英語塾を展開するようになったのだから、人生に無駄はないということか。あるいは、寄り道を無駄にするか有効活用するかは本人次第ということか。そういうことを感じさせる本である。

 三木さんが経営する英語塾の宣伝ふうではあるけれど、読み方次第で得るものは少なくない。