IMG_1488

「山口県にも米軍基地があるけど、沖縄みたいな反対運動はない。沖縄はおかしい」と山口県出身者が言う。阿呆めと一蹴するのは簡単だが、何の解決にもならない。

 沖縄戦は通奏低音だが、基地問題は不協和音である――というのが私の長年の見立てで、実際基地問題は一筋縄ではいかない。

「米海兵隊普天間基地での航空機離着陸の即時全面停止を求める」という声明の記者会見が那覇市であったようだが、賛同する市民の名前と肩書きを見ると大半が大学の先生なのだ。世間とかなり離れている大学業界なので、いわゆる市井の人々とは言いがたい。残念だが、市井の人々は聞き流すというか耳に入らないというか、ああまたやってる程度の受け止めだろう。

 私に妙案があるわけではない。しかし、1つだけ思う。沖縄戦という原点に立つべきではないか、と。

 冒頭の暴言は沖縄の歴史を知らないからだろう。新聞の見出しの「沖縄差別」は私に言わせればズレていて、見出しには長すぎるが「沖縄の歴史への無知と無関心」と言うべきである。

 琉球王国まで歴史を戻る必要はない。県民が巻き添えになった地上戦である沖縄戦のことを繰り返し繰り返し発信すべきなのである。沖縄戦記録フイルム1フィート運動の会を解散したのは間違いだったと今も思っている理由はそこにある。