ひとごとではないので知っておくほうがいい。高次脳機能障害である。ひとくちに「高次脳機能障害」と言っても脳梗塞などに起因する場合と事故で頭部外傷を負った場合がある。後者の患者さんを大勢診ている医師が懇切丁寧に解説してくださったので、広く読んでいただきたい。

 誤診の可能性についてのぶしつけな質問に対して、岡本隆嗣先生は誠実にご回答くださるなど、器の大きさとお人柄がにじみ出た。家族会から全幅の信頼を得ている理由がよく分かった。岡本先生の説明は素人の私にもよく分かり、論理だった話はそのまま文字起こしすれば済んだ。このような経験は初めてである。

 連休で車に乗る機会が増えるだろう。もし交通事故に遭って、退院後に「人がまるで変わってしまった」という場合、高次脳機能障害を疑わなければならない。
 
 事故による頭部外傷の高次脳機能障害の基本