いい案を思いついたので試してみた。怖い夜の対策である。いつものコンフォートホテル広島大手町。広電を見下ろす部屋で、寝る前に私がやったこと。

・生まれ年のご本尊とご浄塩を置く

・室内で塩を撒く

・ドリエルを飲んで途中覚醒してもすぐ寝入るようにする

・テレビをつけっぱなしにする。音は大きめ

・ラジオでNHKラジオ深夜便をつけっぱなしにする。これまた音は大きめ

・広電に面した窓を開けて外の音を取り込む

 こうすることで部屋の中は雑多な音が飛び交い、ひとことで言えば大変やかましい。

 大変やかましいということは万一変な音が鳴っても聞き取りにくくなる。万一ラップ音が鳴っても、私の耳に届かなければ怖くない。そう、私が聞かなければなーんも怖くないのである。目には目を歯には歯をラップ音には騒音を。

 一夜明けて。

 やかましくて睡眠が浅かった(涙)。でも怖くなかった。これでよしとしよう。