芥川賞候補作『美しい顔』は純文学である。その純文学が参考にしたのがノンフィクションだった。問題がこじれた原因はここにある。活字で表現するという点では同じだが、純文学とノンフィクションは“文法”や作法が大きく異なる。かみ合うわけがない。

 それにしても、だ。北条裕子さんの筆力よ。圧倒された。ぐいぐいぐい。すごい力で引っ張られた。本書が芥川賞を受賞するという根本先生の予言に100パーセント同意する。

 芥川賞は純文学に授与する。『美しい顔』は授与されるべき価値がある。

 北条さんは辞退すべきではないし、選考委員は盗用問題を棚に上げて本来の姿勢で検討すべきだ。そういうことも含めて文学なのだから。