IMG_2509

 内戦下のシリアで武装勢力に拘束されたフリージャーナリスト安田純平さんが3年5カ月ぶりに解放されて帰国したことをどう受け止めるかで侃々諤々喧々囂々である。考えが止まってしまうので「自己責任」という批判はここでは使わない。以下思いつくままに。

 まず無事で良かった。命だけは取り返しがつかない。無事の帰国をまずは喜びたい。ご家族にもお祝い申し上げたい。

 解放の背景には日本政府やカタール、トルコの尽力があったとされる。日本の外務省が頑張って邦人保護の結果を出したことに、それが仕事だとはいえ、やっぱり拍手を送っていいだろう。

 私の周囲では厳しい声が聞こえてきた。テレビを見ると、抑え気味ながらやんわり批判的なニュアンスを伝えるコメンテーターがいたし、横田めぐみさんの母親が「なぜあの人は帰ってきて、大勢の拉致被害者は帰ってこないのか不思議だ」という趣旨の発言をしたようだし、安田さんの過去の発言がブーメランのように戻ってきているようでもある。

 安田さんのご家族はお詫びや感謝を繰り返し語っているようだ。お詫びや感謝の言葉にはニュース価値がないから新聞やテレビは省略しがちだが、報道は省略すべきではない。受け止める側の感情を左右するからだ。

 安田さんの配偶者深結さんを取材した10月25日付『毎日新聞』夕刊(東京本社版)「夕刊ワイド」によると、ご家族は精神的に追い詰められていた。そんな中で深雪さんは今年7月から首相官邸に毎日電話をかけたという。

 安田さんは帰国時にこういうことを知らない。身代金を払うなと配偶者に釘を刺していたようだし。もしかすると日本政府やカタールなどの国家が救出に動いたことを知らず、「おれは耐え抜いた」と思っているかも知れない。だとすると、配偶者やご両親からよく聞いて事態を把握したうえで考え方の軌道修正をするほうがいい。

 私が安田さんなら、と考えた。シリアに行くような人と安全地帯にいる私とでは精神構造が違うので想像の域を出ないが、上記の状況を知ったうえでという前提で想像すると、あまりにも恥ずかしい。身の置きどころがない。政府批判などできなくなる。何を発言しても「政府に助けられたくせに」という目で見られているだろうなぁと思ってしまう。それでも、首相官邸や外務省などにお礼に行く。頭を下げて感謝の言葉を伝える。それを報道されてもいいというか仕方ない。

 日垣隆親分が昔から指摘していた「自分がニュースになってはいけない」の戒めが胸に刺さる。