IMG_2394

 もともと怖がりではある。しかし、夜中にふと目を覚ますとラップ音に歓迎されるのはどう考えても悔しい。怖さのあまり血が逆流して深部体温が上がってますます寝つけなくなり睡眠不足で翌日過ごすという悪循環を裁ち切るためには朝まで熟睡するに限る。熟睡はインフルエンザや風邪の対策の第一歩でもあるはずなので、熟睡しなければならないのである。

 ところが悲しいことに年を取ると夜中に目が覚めるのだな。ここをどうするか。サプリでは朝まで熟睡できない。

 そこでついに手を出すことにした。キンダンの果実睡眠薬である。クセになりにくい軽い眠剤ということで入手した。

 朝まで熟睡できれば私の勝ち。目が覚めて恐い目に遭ったら霊の勝ち。って私は何をやっているんだろう。