IMG_2422

『文藝春秋』3月号は芥川賞受賞作を2つ載せた。大変面白いのは選評である。とりわけ『平成くん、さようなら』に対する酷評は芸の域を超えている。

 山田詠美さんなんかは<やれやれ……平成くん、さようなら>だって。著者はは小説家志望ではない学者だから何と言われても傷は浅いだろうが、木っ端みじんの感がある。

 この号で面白く読んだのは清武英利さんが書いた糸川英夫のノンフィクションと養老孟司先生のAIにまつわる原稿だ。糸川博士の生き方には「そこまでやっていいのか」とたじろいだ。私なんかまだまだかわいいもんだ。