IMG_2425

 実の娘とセックスする父親は畜生以下である。それを名古屋地裁岡崎支部の鵜飼裁判長は無罪を言い渡した。畜生にも劣る判決であると言わざるを得ないが、罪刑法定主義に鑑みるとそういう判決になってしまう刑法の陥穽があるわけだ。。

 父親が娘とセックスしてはいけないと刑法が定めていないのは、人間の良識を期待したからだろう。ふつうの人なら顔をしかめる獣の行為である。

 最近のテレビはいちいち「特別の許可を得て入場しています」とか「特別の許可を得て撮影しています」とか「当事者の了承を得て撮影しています」とかテロップでお断りを出す。そこまでしないと理非曲直が分からない阿呆が増えているのである。と書く私は信号が赤でも車が全く来なければ渡るが。

 父親が娘とセックスしたら懲役50年と阿呆でも分かるように刑法に定めるしかない。