IMG_2465

 自分の子供たちには折に触れて伝えてきたが、1カ月ほど前にあらためて念を押した。「母の日に君たちの母親には各位プレゼントを。なお、何遍も言うてきとるように、父の日プレゼントは今後も絶対に無用。そんな金があるなら例えば国境なき医師団にでも寄付し」

 子供に「ありがとう」と言われたいか? 感謝されたいと思って子供を育てたか? 子供からプレゼントが欲しいか? 多くの父親は「まさか」と首を横に振るだろう。

 全国一律で子供に親への感謝を求める風潮への烈しい違和感もあるけれど、子供を手塩に掛けて育てて「はよ家から出て行け。戻って来るのは罷り成らん」と追い立てて自立したら「終わりッ」が父親だと私は確信している。