今年の夏はエライ目に遭った。7月上旬に気温が上がってきたとき2夜続けて薄着で畳の上で寝たせいで体を冷やし、風邪を引いてしまった。熱も出た。

 咳がようやく止まったのは8月下旬。薄着と畳の上睡眠を1夜でやめておけばバランスを崩さずに済んだ可能性があっただけにゲホゲホ。

 というわけで、朝晩の気温が少し下がったので冬の布団を引っ張り出した。これで体を冷やすことはない。

 私の経験では、体を冷やしたら風邪を引くけれど、朝起きたら汗びっしょりは風邪など引かないし、かえって体調がいい。秋の空気の訪れは冬の布団の始まりだ。