死者に鞭打つのを潔しとしないのはいいことではあるけれど、度が過ぎる。ましてや未成年の少年への性的行為は嫌悪と顰蹙しか呼ばない。おべんちゃらばかりのテレビだが、ジャニー喜多川さんに関して1つだけ「へー」と思った証言がある。

 誰の証言だったか覚えていないが、その男はこう言った。

「頑張りますってジャニーさんに言ったら、頑張るのは当たり前でしょと叱られた」

 いや全くそのとおり。その場を取り繕うために「頑張ります」などと言うことが私もあったはずで、しかし、ジャニー喜多川さんに言わせればそれは当たり前、よく考えて別のことを言えよ、ということだろう。

 これだけはジャニー喜多川さんの名言である。