15両編成のJR東海道線が横浜駅の手前で止まった。11号車で乗客が倒れたという。車掌室にいた2人があれこれ連絡を取り、しばらくして電車は走り出した。車掌の1人は11号車に向かった。車内放送で医療関係者の応援を2回呼びかけたから倒れた人の状態はよくなかったのではないか。

 ここで思い出したのは、同じマンションに住んでいた友人である。横浜線に職場の仲間と一緒に乗っていて突然倒れた。横浜駅前は車が渋滞していたため救急車のサイレンの音は聞こえるのになかなか近づいてこないので焦れったかったとのちに聞いた。友人はそのまま意識が戻ることなく亡くなった。

 人が倒れたら基本的に一刻を争う。電車を止めたのはそういう規則があるのだろうけれど、一律に止めていいとは思わない。近くに併走する道路があればそこに救急車を要請できるけれど、そういうことができない場所なら最寄り駅に突っ走るほうがいいはずだ。

 そこまで踏み込んだ規則を作ってあるようには思えなかった。そもそも電車内にAEDを置いていないのではないか。