IMG_3181

 DHLで本当に届くんだなぁと感心した私は時代遅れではある。南アフリカ共和国からスプリングボクスのウェアが届いたのである。10月末日夜の注文で6日に届いたのだから1週間もかかっていない。

 スプリングボクスが勝ち進んでいるのか敗退したのかさえ全く知らず、いや、そもそも日本でラグビーの試合をしていることさえよく知らないまま注文したのは、映画『インビクタス』でチームとマンデラ大統領にのめり込んだからである。

IMG_3182


 スプリングボクスのサイトで商品を選び、サイズを選ぶ。背中に名前と願望を入れるのは別料金だが、迷うことなく「6」を入れると決めた。問題は名前だ。NISHINOと入れても意味がない。CAESARもちょっと違う。MANDELAは気恥ずかしい。

 何にするか。ふとLWTFが浮かんだ。おお。マンデラ大統領ならこれだ。分かる人なら握手を求めてくるだろう。それくら重要な頭文字だ。背中にこの4文字を入れる南アフリカの人は「こいつ、よっぽど好きなんだな」と呆れて笑ってくれるだろう。

 というわけで、ウェアの2つとも「6」と「LWTF」を入れた。

IMG_3178


 さて、買いたい人のために情報を共有しておきたい。輸入関税が700円、輸入内国消費税が700円、立替納税手数料が1100円余計にかかった。DHLから商品を受け取る際に計2500円を払った。