事務所に広島地検が家宅捜索に入った夜、河合議員夫妻が個別に会見に応じたのだが、その時間が不可解というか、意図的に見えた。

 地検は午前中。会見は22時過ぎ。

 これ、会見が遅すぎないか。そこで「ははーん」と思った。

 私の邪推はこうだ。地元広島の『中国新聞』の早版の締切時間が22時(私の完全な推測)をやり過ごして、NHKの21時のニュースの時間帯を避けて、当日の報道をできるだけ減らそうと狙ったのである。

 邪推ではあるものの、核心を突いているとヒソカに思っている。私が相談を受けたら「会見は23時に設定しましょう」と耳打ちするもんね。だから同じ手の内だなと思ったわけ。

 河合議員夫妻の報道は翌朝から一斉に始まったから、夜遅くの会見がどれだけ効果を上げたかは別問題だが。