IMG_3348

 東京国立博物館で「人、神、自然」展を見て、人間の想像力とでもいうか、手先の器用さとでもいうか、そこが興味深い。

 1500年や2000年ほど前の仏像などに対して私は無条件で「へー」と感嘆していた。最近性格がさらに陰険になってきたので、無条件に「へー」はない。

 どう見ても「これ、失敗作じゃないか?」や「下手くそやなぁ」などと笑ってしまうものがある。単に古いというだけで感嘆してやるわけにはいかないのである。

 それはさておき、面白い。

 これを作った人は一体どんな性格なんだろう、どんな考えの持ち主なのだろう、私と同じで歪んでいるんじゃないか、などと作品ではなく作り手に関心が向かう。この作品の作者がいま東京にいたら、何を、どう、造りあげるだろうか、とかね。