IMG_3858

「ソーシャルディスタンシング」という文字を字幕で見て、「ほー」と唸った。さすがNHKというか、番組制作者はNHKラジオ『実践ビジネス英語』を聞いているに違いない。

『実践ビジネス英語』8月号テキストの「はじめに」で講師の杉田敏さんがこう書いている。

《ingをつけないsocial distanceはもともと、出身階層・人種・性別に関連して、ほかの人との間に心理的な距離を置くことを指す、まったく別の社会的概念です》

 これを読んで「ほー」と思ったけれど、以降も日本では「ソーシャルディスタンス」しか見聞きしなかった。「ガッテン」お見事。

 恥も誇りもなく「ガッテン」をパクる記事や番組が非常に多い。今後この「ソーシャルディスタンシング」も真似できるかどうか。いや、パクる人たちはそこまで見ていないだろうなぁ。