子供たちが誰一人「いる」と言わないので処分することにした。25年くらい前に80万円くらいで買ったヤマハのピアノである。サイレントモードが備わっていてその音が2つか3つ出ないが、錆びも何もなく、保存状態は極めていいと思う。

 ネットで見つけた最初の業者の提示額は7万円だった。サイレントモードの修理ができないそうで、修理を外注に出すぶんを差し引いた金額なのだろう。

 新聞に広告をよく出している伸和ピアノが15万円を提示してきた。伸和ピアノで決まりだなと思い、引き取りの日時を決めた。ここで東京・三田で幼児教室を運営している村上先生から「も〜っとも〜っとたけもっと、には見積もりを出さないの?」と聞かれ、そうだそうだ忘れていた。タケモトピアノにも見積もりをもらおう。

 タケモトピアノの提示は20万円だった。え! え! えー! 

 ピアノは中継地点に集められ、大型トラックに移して大阪・堺市のタケモトピアノに運ばれるという。

 というわけで、ピアノを売るならタケモトピアノをイチオシとする。