新型コロナワクチン接種を東京・江東区の医師会で受ける医療従事者に混乱が生じている。

 2回目の接種は1回目の接種のちょうど3週間後がいいと言われているのに、その2回目の接種の予約が3週間後以降でないと確保できない人が出ているのだ。2日ズレのほか6日ズレの人までいる。

 何でそうなるのか? 6日もズレた接種で効果はあるのか?

 1回目の接種のときにその場で2回目の接種の予約を受ければ済むのに、翌朝9時からネットで申し込むしかない。

 何でそうなるのか?

 朝の9時ちょうどにネットにログインすると、1回目の接種をしたことが反映されておらず、2回目の予約ができない。

 何でそうなるのか?

 アレルギー症状などがある医療従事者は希望すれば総合病院で接種することができ、前もって2回分まとめて予約できる。さらに言えば江戸川区などは一般の人でも2回分まとめて予約できる。

 医療従事者を対象とした医師会でさえこれである。地域差や組織差の運不運があるようだ。先が思いやられる。

 なお、江東区で接種を申し込むための電話がつながらず、1日に300回近くかけ続けてようやく予約できた人がいる。江東区の人はタイヘンだ。