IMG_4419

 正午と夜7時のニュースでNHKはUFOを報じた。米国家情報長官室という公の機関が米議会向けの報告書を公表したことを受けて報じただけだが、映像付き(すでにインターネット上で見ることができる映像だ)である。厚遇ではないか。子供のころにUFOに関する本やテレビを半信半疑で読んでいた私は、NHKが正午と夜7時のニュースで報じたのが嬉しかった(笑い)。

 米国にしてUFOの解明は全くできていない。しかし存在を公に認めたのだから放置プレーを続けるわけにはいかないだろう。ただし、ホーキング博士は確か「宇宙人と接触すべきではない。なぜなら善意の生命体か悪意の生命体か分からないからだ」という趣旨の見解を残している。どうすればいいのだろう(と私が真面目に言うのも何だが)。

 機密指定になっている情報も米国は公開して、対策を国連で検討すべきではないか。地球上で戦争や内戦をやっている場合ではないと目が覚めるかもしれない(それはそれで恐ろしいことだが)。

 米国がUFOを認めたという点で、矢追純一さんは先見の明があった。その矢追さんはご存命なのか。ネットで検索してみたら、宇宙塾とかいう催しをやっている。宇宙塾? よく分からないが、NHKも新聞も矢追さんのコメントを取って欲しかったなぁ。日本テレビは矢追純一さんをキャスターに、機密指定の情報を追いかける番組をつくってはどうだろう。