IMG_4421

 終活の一環で本の整理をしている。問題は本棚だ。私の“奇策”はラックである。これを部屋の真ん中に置いた。両側から入れることができるし、風通しがいいからカビは生えにくい(たぶん)。棚の間が高いので大型本から文庫本まで収容できる。問題は両端に衝立がないことだ。私は荷造り用のラップを巻いて衝立代わりにしている。ラックにラップ。

 すでに部屋の壁際には本棚を置いてあるのでラックを真ん中に置くしかなかったのだが、そもそも両側から取り出すことができる利点を生かすには部屋の真ん中が定位置だろう。

 ラックはいろいろなメーカーが作っているが、五島さんお勧めのアイリスオーヤマ製を選んだ。以前買った「錆びない」と謳うドウシシャの製品を買って、予想通り見事に錆びたので、ドウシシャは絶対に買わない。

 というわけで、本棚がぎゅっと詰まったこの部屋で死んでいけるといいなぁと思いながら、終活を進めている。