写真を撮られたら魂を抜かれる、とまでは思っていないが、冷房は体に悪いと思い続けてきた。汗まみれになって起きる朝は「体調バッチリだー」と感じてきた。夜中に暑さで目が覚めたらタイマーをかけて冷房をかけるか扇風機をかけるかで済ましてきた。そのほうが健康にいいと感じてきたからだ。冷房をガンガンかけて布団をかぶって寝るのは邪道だと笑ってきた。

 この夏あっさり宗旨替えをした。冷房をかけ続け布団をかぶって寝るほうがいいという説を数多く見かけるようになったからだ。健康のためなら宗旨など屁のようなものでしかない。

 冷房のおかげ(せい)で朝起きても汗をかいていない。夏なのに体温調整機能が働かないわけで、これがいいことなのかどうか分からないが、より深く眠ったという実感はあった。ギンギンに冷房をかけることはさすがに遠慮するけれど、27度くらいの室温設定で冷房をかけ続けるなら悪くないようだ。タオルケットなしで寝て体が冷えない程度の室温は、冷房上等の夏である。