IMG_4732

 ふるさとが徳島が生んだ瀬戸内寂聴さんの謦咳に接することはもはやできないのでせめて形骸にと思い、『奇縁まんだら』を探していたところ、ヤクオフで見つけた。新品未使用というので1万円で入札しておいた。

 2日後に抜かれた。入札履歴を見ると私を含めて3人が競っている。アマゾンで見ると新品未使用は2万8000円くらいだから、1万円で落札できるわけがないのだ。

 1万2000円で入札したが最高値にならない。1万4000円でも駄目。1万6000円でも届かない。いったいどこまで行けば私が最高値になるのか。2万円を恐る恐る入札してみても駄目だった。この辺りで手を引くべきだったのかも知れない。

 2万1000円2万2000円2万3000円と好奇心から入札価格を上げていく。あるところで私が最高値をつけたと表示された。「やった!」と思うと同時にすぐに不安が襲う。

 競う2人が私より高値を入札してくれなければ私が買わなければならない。祈るような思いで1日待った。終了時間間際に入札してきて、最高値をつけて油断している私から本をかっさらう競合もいるので最後まで待つ。お願いだから最高値で入札してくれ。

 ヤクオフからメールが届いた。おめでとうございますだって。私が落札してしもた。こんなお金ないのにどうすんの。

 すぐに新品未使用の『奇縁まんだら』全4巻セットが届いた。確かに包装ビニールが破られていない正真正銘の新品未使用である。やっちまった。

 こうして手に入れたこの本も私の“奇縁まんだら”とするか。