最近のテレビはインターネットに繋ぐことができ、リモコンにはユーチューブのボタンがついている。私の周囲ではテレビ番組よりユーチューブを見る人のほうが多い。

 新聞離れはすでに著しいが、テレビ離れも小さな波ではないと感じる。

 そもそもテレビ番組が面白くない。と書いたが、その原因は私が若くなくなったせいかもしれない。最近の芸能人に全く興味が湧かないのである。私の頭は『ひょっこりひょうたん島』に始まり、『仮面の忍者赤影』と『ウルトラセブン』を経て『太陽にほえろ!』で止まった。社会に出て、いろいろな人を見て、いろいろな経験を積むと、テレビ番組の大半がつまらなくなってしまうのではないか。

 私に限って言えば、見るのはNHK教育辺りに集中していて、民放は時間の無駄遣いだと感じる。見てよかったなぁと感心した民放番組が浮かばないのである。

 もう1つテレビ離れの原因を挙げると、インターネットでもっぱら自分に合う情報に触れてきた影響があるはずだ。自分の趣向に合うユーチューブが面白いと感じれば、テレビを積極的に見ようとは思わない。

 最近の隙間時間に私が見るユーチューブは「ニコン」と「首都直下地震」、「南海トラフ地震」、「瀬戸内寂聴」、「宇宙」くらいだが、これだけあれば十分だ。

 というわけで、この流れはもっと大きくなっていくのだろう。ということは、狭い範囲を掘り下げるオタクの時代に合わせなければならないということか。