足が冷えると感じるようになったのは50代半ばごろから。特に外出時に冷える冷える。というわけで、どうすれば足を温かくすることができるか、手持ちの靴と靴下で組み合わせを試してみた。

 結論から言うと、モンベルのクラッグステッパーという靴とモンベルのメリノウールエクスペディションという靴下の組み合わせが最も温かい。

 革靴の場合、靴そのものが冷えるので、靴下にメリノウールエクスペディションを履いても、ミズノのブレスサーモ極厚パイルを履いても、靴下まで冷える。氷点下の朝、革靴にブレスサーモ極厚パイルを履いて外出した経験から言えるのは、そもそもミズノのブレスサーモは汗で発熱する仕組みなので、足が冷えていると汗をかかず、したがって発熱しないのである(笑い)。その点、これも試したのだが、革靴とメリノウールエクスペディションのほうがごくわずかにましだった。

 繰り返すが、靴が冷たいと靴下も冷えるのである。

 モンベルのクラッグステッパーという靴は牛革や合成皮革などでできていてゴアテックスの皮膜に覆われた低山や街歩き用である。そういう用途なので冷えにくいのは当たり前だし、冷えにくい靴を履けば靴下も冷えにくいという当たり前の話である。

 クラッグステッパーを履いておけば、発汗をもとに発熱するブレスサーモ極厚パイルは、電車に乗って温まると、足が発汗しているのだろう、発熱しているのか温かくなった。メリノウールエクスペディションは最初から温かい。

 朝起きて室内のフローリング上で履くと違いが分かりやすい。ブレスサーモ極厚パイルはザラザラしていて温かくない。メリノウールエクスペディションは履いた瞬間から温かい。