同じ阿呆なら泥と炎のニシノ説

軽挙妄動のワタシが世の中の出来事や身の回りの出来事に対する喜怒哀楽異論反論正論暴論をぐだぐだ語り続けて5000回超

ランニング

湘南国際マラソン地元枠に応募し忘れ

 ああ何てこった。さっき原爆ドーム周辺をランニングしながら「そういえば湘南国際マラソンの募集、ぼちぼちちゃうか。ホテルに戻ったらパソコンで確認しよ」と思ったのに完全に忘れていた。

 いま(22時45分ごろ)思い出してパソコンで調べてみたところ、地元枠の申し込みは今日の20時から。先着順なので、もう締め切っていた。あっちゃぁー。20時に私はホテルの部屋で晩飯を食ってた。再び何てこった。せっかく思い出したのに。

 最近は三歩歩いたら忘れる鶏頭。6キロほど走ったらそりゃ忘れるわなと自虐で慰めるしかない。

 こうなったらあしたの地方優先枠や25日の一般枠を狙うしかない。

免許証を持ってランニング

 何か胸に微妙な差し込みがあるので悔しくなって10キロ走った。念のために免許証を持って。

 今までは身元を示すものを何も持たずにランニングしてきた。一人暮らしの私がランニング中に死んで帰宅しなくても、気づく人がいない(笑い)。

 死んだ私を前に警察官が腕組みしてつぶやく。

「こいつ誰やねん」(なぜか大阪弁)

「生ゴミの日にこっそり出しとくか」

 そうしてもらえると本望なのだが、現実はそうはいかない。というわけで免許証をポケットに入れることにしたのである。


 

 

3つのマラソン大会で思ったこと

IMG_2515
 徳島と那覇、横浜の各マラソン大会を走って見えたことを思いつくままに。

 今回意識して見たからだろう、ボランティアの存在の大きさが横浜マラソンで初めてよく分かった。早朝からの交通整理や誘導、給水所、沿道、トイレなどなどどこを見てもボランティアの姿があった。給水所付近の道路に散乱する紙コップの回収やそのほかのゴミ掃除もボランティアの皆さんがやってくれる。ボランティアの人たちが完璧にお膳立てしてくれた中を私は単に走ったに過ぎない。仕事とはいえ早朝からかり出された神奈川県警も含めて、感謝の言葉しかない。

 今回の横浜マラソンで初めて気づいたのだが、場所によってはトイレが男女別になっていた。男女共用は女性に大変つらい思いをさせるので、とってもいいことだ。今後男女別のトイレが常識になるだろう。

 横浜マラソンは給水所がたくさんあった。どの給水所にもアクエリアスと水が分けて置かれていたので、アクエリアスは飲み、水は頭からかぶる、というふうに使うことができた。徳島マラソンは大塚製薬のお膝元なのでポカリなどがどこの給水所でも飲み放題だった。これらに対して運営者が給水所のあり方を再考すべきなのが那覇マラソンだ。地元の人たちの善意に頼るあまり、給水所の大半が文字通り水しか用意していなかった。ランナーが熱中症で倒れる原因は給水所のしょぼさにある。

 横浜マラソンも那覇マラソンも給水所が道路の片側にしかない。徳島マラソンは両側に設置していた。位置をずらして両側に設置すれば道路が狭くなることはない。徳島マラソンを見ならうべし。

 最大の疑問は走る順番である。あらかじめ自己申告したタイムに応じて順番に並ぶ。走るのが早い人は先に出発し、遅い人はあとから出発する。横浜マラソンは3万人近くが走ったから、最初に出発した早い人と最後に出発する遅い人で、出発に30分ほどの差が生じる。そのうえ関門がある。走るのが遅い人があとから出発するのだから関門に引っかかる可能性は高くなる。本来走るのが遅い人こそ先に出発させていい。そうすれば関門に引っかかる人が少しは減るだろう。時間だからと関門でランナーの前に立ち塞がるのではなく、遅いランナーこそ応援して完走を支えるという考え方のほうが私は好きなんだけどな。

 横浜マラソン参加賞のシャツの袖にまたまたエネオスの巨大なシールが。着るたびにエネオスの宣伝を私に強いるわけだ。エネオスのイメージがどんどん悪くなる。そこまで目立ちたいのかエネオスよ。どうしようもない企業だな。エネオスでは給油しない。


横浜マラソン完走記

 台風の影響で中止になった去年のウラミを晴らすべく、横浜マラソンをヨタヨタと走り抜いた。

 
DSCN4078

 ようやくスタート地点が見えてきた。私のスタートまでに30分近くかかった。次回のマラソン大会では自己タイムを1時間くらい早めて書くしかないか。そういえばパンフレットに載っていた剛力彩芽さんが来ていなかったぞ。

 
DSCN4084

 左手に山下公園、右手にホテルニューグランド。この道路は2年前も走った。当時はフルマラソンを走る自信がなくて10キロの部に出た。簡単に完走したが、何の感動も達成感もなく、それがフルマラソン出場の動機になった。

 この辺りはランナーが多くて私のペースで走ることができない。前に出たいのに出ることができない。

 
DSCN4102

 首都高入口。電光掲示板に「首都高にようこそ」。

 
DSCN4106

 首都高の改札。いや違うか。何と呼ぶんだここは。

DSCN4111

 首都高を自分の足で走ることができるのが横浜マラソンの自慢。しかし、このルートはふだん交通量が少ないのだろうなぁ。景色が平凡で(苦笑い)。東京の首都高なら面白いのだが。

 大石先生から「首都高が一番つらい。沿道の応援はないし、はるか彼方に横浜のビルが見えて、あそこまで走るのかと」と聞いていたおかげで、淡々と走る。

 
DSCN4136

 ようやく戻ってきた。

DSCN4143

 ゴール。私の腕時計では5時間39分。3回目のフルマラソンだが、タイムは足踏み状態に終わった。

 1カ月以上前から少しずつ朝型にしていった。1週間前から朝飯を5時ごろ食べ、前日は昼飯を11時、晩飯を18時に食べて、マラソン大会用に調整した。

 ただ、1週間くらい前から食べ過ぎの感があった。横浜マラソンの15キロ辺りから便意を催し、まぁ大丈夫だろうと高をくくっていたのだが、首都高ののどかな光景とランナーが走る足音が私の副交感神経を刺激した。これが私の“快足”を引っ張った。

 ゲストの谷川真理さんは「マラソンは30キロから」と呼びかけていたが、その意味の理解を便意が邪魔した。首都高を走っている間に「どこでウンコしよう」が頭を支配する。できればホテルニューグランドで脱糞したい。トイレがきれいだからね。ウオシュレットもあるし。しかし、走れど走れどホテルニューグランドは遙か彼方だ。仕方なく、待ち人が少なかった36キロ地点辺りのトイレに駆け込んだ。というわけで、15キロから36キロにかけての約21キロ、フルマラソンの半分ほどをウンコのことを考えながら走るというお粗末な内容だった。食べ過ぎ注意という反省が残った。

IMG_2511

 今年の完走メダルに加えて、中止になった去年の横浜マラソンのメダルも手に入れた。並べて見て気づいたのはカモメと海。港町ヨコハマの象徴なんだな。

 これで横浜マラソンはおしまい。あとは東京マラソンだ。なかなか当選しないけど。

 (写真はニコンのキーミッション170で撮った)

横浜マラソン予行走り20キロ

IMG_2395

 横浜マラソンが近づいてきたので、軽く20キロ走っておくことにしたのだが、朝から暑い。熱中症になりかけた那覇マラソンを思い出した。

 まだ朝の8時半だというのにもう空気は熱いし太陽光が体にがんがん射してくるという状況で、日陰を選び、スポーツ飲料をちびちび飲みながら、体温を上げないよう、皇居周辺をゆっくり走る。

 東京ハイキングとか称して10キロ歩く早稲田大学の学生らの集団に神楽坂ですれ違った際、「55歳のおじさんは20キロ走っているんだぞ。どや」とヒソカに胸を張った。若い者には負けるわけにはいかんと張り切るのはおっさんの特徴であるな。それまではヨレヨレフラフラと走っていたのにすれ違うときだけは胸を張って力走してみせたワシは阿呆やなぁ。

 ふだん夜走っているので、朝のランニングは体が重いし、頭もまだ寝ている。体をいたわりながらの20キロだったが、足の指の付け根が痛くなるわ、汗が目に入って痛いわで、20キロに2時間40分もかかった。まぁいいか。



 

3足目のランニングシューズ

IMG_2022
 5年目に入ったランニング、これから2年間をともに走るのはアシックスのGT2000ニューヨーク6に決めた。

『モノクロ』7月号が初心者向けとしてブルックスのラベンナ9を推薦していたので食指が動いた。しかし5年目で初心者向けってことはないだろう。というわけで、同誌が中級者向けとして挙げていたアシックスにした。2足目はニューヨーク4だったので、ニューヨーク6はその後継シューズだ。

 アマゾンのポイントが1万円以上たまっていたので、0円で買うことができた。

 ランニングを始めて5年目。この間かかった道具はほとんど靴だけだ。シャツやズボンは春夏秋用と冬用で入れ替えるせいか、長持ちしている。靴下に穴が開くのは3年くらいか。

 ランニングを始めて気づいたのは、この運動ほとんどお金がかからないことだ。いつでも、どこでも、一人でも、何十分でも何時間でも、自分の都合に合わせて調整できる、こんなありがたい運動種目がほかにあるだろうか。

今年こそ走るぞ横浜マラソン

P1180662

 今年の横浜マラソン出場が決まった。優先枠を使ったのだ。

 去年の横浜マラソンは台風の影響で前日になって中止と広報された。このために1カ月前から生活サイクルを早寝早起きにしてきたし、雨の中走ることになりそうだから体を冷やさないようにとミレーのメッシュの肌着を慌てて買ったし、などの涙ぐましい調整を積み重ねてきた。大会前夜睡眠改善薬ドリエルを飲んで効果が出てきたころに友人から中止を知らされたワタシはズッコけ、そのまま熟睡した。恐るべしドリエル。

 私のようなかわいそうな(←自分で言うな)ランナーのために優先枠が設けられ、申し込み即出場決定となった。

 今年はサロマの100キロマラソンを狙っていたのだが、前日東京で仕事があり、ほっとした、いや、違う、余人を持って代えがたい仕事があるので泣く泣く今年はあきらめた。

出しゃばりエネオスの愚

P1170617

 台風の影響で中止になった横浜マラソンのTシャツにまたもやエネオスの宣伝が。相変わらず迷惑な会社だ。

 那覇マラソンもとくしまマラソンも参加賞のTシャツに協賛企業のロゴなどは一切ない。横浜マラソンだってなくすことはできるだろう。

 エネオスもエネオスだ。謙虚を知らない。これでイメージが上がると思っているのだろうが、慎みを知らない単なる出しゃばり企業としか私には見えない。

 マラソン大会のあとまで何で私がエネオスの宣伝をしてやらにゃならんのか。せっかくのTシャツを台なしにするエネオスに呪いあれ。

 ここだけ切るかな。

 
 

とくしまマラソンで必死に顔を売る傲慢県知事を喜ばせる茶坊主県職員

P1170619

 不必要な場に政治家が出てきた途端に生臭くなる。そういう愚劣をいくつも見てきた。私はとりわけ政治家に距離を置く人間なので、見た瞬間に不快感を覚えた。とくしまマラソンの完走証に県知事の名前が載っているのだ。そういえばゴール近くで知事がランナーを応援していて、今から思うとあれも選挙運動だな。

 那覇マラソンも横浜マラソンも大会長に県知事は就いていない。飾ることが多いと思われる完走証に県知事が自分の名前を記す傲慢さに私は反吐が出る。

 傲慢県知事を喜ばせるためにお膳立てをする茶坊主県職員が出世する構造だから恥知らずはとどまるところを知らない。生臭い政治家はスポーツ大会長に似合わない。即刻大会長を降りろ。

 とくしまマラソンを完走したら県知事をランナーとして認めてやる。

木枯らし一番記念湘南臨時マラソン大会で優勝す

 横浜マラソンのきのうあれだけ雨が降ったのに今日は朝から青空が広がっている。台風一過とはよく言ったものだ。この天気がきのうだったらと思った人は3万人以上いるだろう。

 いい天気だが、木枯らし一番が吹いたそうな。そこで急遽「木枯らし一番記念湘南臨時マラソン大会」を開催することにした。主催者はワタシ。参加者もワタシ。

 いつものコース約8.5キロを最初から最後まで独走し、見事(と自分で言うのも何だが)優勝した。ヨロコビは……ない。

 今冬どこかのフルマラソンを完走しないと収まらないな。探そうっと。

幻の横浜マラソン参加賞Tシャツを見ながら思う

P1170615

 ランナーにとって雨だろうが台風だろうがどうということはない。去年の那覇マラソンで灼熱の太陽の下を軽い熱中症になって走るよりずっとましだ。

 ボランティアの人たちは雨や台風はつらいだろうから、せめてランナーだけ走らせてもよかったんじゃないか。

 いや待てよ。20キロくらいならどうということはないけれどフルマラソンなら給水ポイントでの補給はぜひ欲しい。雨で濡れた体を温めるものが欲しい。ということは、ボランティアの人たちがいなければ給水ポイントは運営できないわけで、ランナーだけでフルマラソンを走り抜くのはちと難しい。

 ここではたと気づいた。そうか、主役はランナーではないのだ。大勢のボランティアの人たちのおかげでランナーは走らせていただいているのだと。

 事前準備もせず、後片付けもせず、お膳立てされたコースを走るだけ。走り終わったら風呂に行って汗を流したり完走の祝杯をあげたりするだけで済むのがランナーである。

 誰かが欠けても運営に支障が出る。ランナーだけでは絶対に成り立たない。それがフルマラソンなのだった。

まさかの横浜マラソン中止(涙)

P1170598

 眠気に襲われながらあしたの横浜マラソンの準備をしていたところ、わが美女軍団の1人から電話がかかってきた。

「横浜マラソン中止ってニュースが流れてるよ。見た?」

 うそでしょー?! 横浜マラソンのサイトを見たところ、ほんまだった。ありゃまぁ。大会開催時間帯に台風の強風圏に入ることが確実になったと中止理由を掲げている。

 雨天のマラソン大会になるので昨夜ネットで下調べをして、低体温症対策にミレーのドライナミックメッシュをアマゾンで買ったのに。ワセリンとポンチョも買ったのに。会場に向かう電車の中で食べるためにバナナとチョコレート、ビスケットを買ったのに。

 あしたのために1カ月前から早寝早起きに移行し、1週間前からドリエルを毎晩飲んで強制的に早寝早起きをしてきたのに。数日前から炭水化物をたっぷり食べてきたのに。あしたは午前4時半起床と決めていたから21時前にはドリエルを飲んだのに。

 軽い熱中症にかかった那覇マラソンより雨の中の横浜マラソンがましなのに。雨の中走ることで人生と重ねてきっといろんなことを考えるはずで、走りながら何を思うかと期待していたのに。

 あした横浜マラソンがないのなら、もう少し起きて仕事をしたり新聞を読んだりしたいのに、ああ、眠気が。ドリエルは手ごわい。

 参加費、半分くらい返金されるかな。

 

横浜マラソン1週間前

IMG_2034

 横浜マラソン1週間前である。連日の雨のせいで走ることができないのは天気だから私の支配の外である。これは仕方ない。

 しかし早起きは私の支配内にある。早く寝れば早く目が覚めるのは当たり前。横浜マラソン9時スタート時には心身ともに目覚めておく必要がある。ということは5時には起きておく必要がある。

 そこで今回も睡眠改善薬ドリエルの力を借りる。これから毎日少しずつ早く寝て早く起きて、前々日辺りから5時に起きれば間に合う、はずである。

 晩飯を早く済ませる必要もあるなぁ。ということは昼飯も朝飯もどんどん早くなっていくわけだ。いや、そこまでしなくてもと思わないではないのだが(笑い)。

横浜マラソン準備完了

 
IMG_1195

 フルマラソンを走る気など全くなかったのに、サロマか秋田か100キロウルトラマラソンに挑戦することまで考えるようになっているのだから無謀ではある。

 横浜マラソンが近づいてきたので150分かけて21キロほど走っておいた。計測結果によると1キロ7分、VO2MAXはフルマラソン4時間25分と出た。

 横浜マラソンに備えて少しずつ早起きしている。当日は午前5時起床である。早寝すれば早起きできるので、どうということはない。問題は私のランニングはいつも夜間なのに、マラソン大会は午前中から午後にかけて実施されることだ。心臓への負担を避けるためにもマラソン大会は午後の開催がいいのに。

 

忘れ物

 間に合えばいいという話もあるが、できることなら忘れ物はしないほうがいい。私は仕事で使うビデオカメラを忘れたことに仕事先で気づいた。

 往復の時間を考え、何とか間に合うという結論を得て、駅に向かって走り出す。ふだんのランニングがこういうところで役に立つ。息を弾ませることなく電車に乗り込む。

 計算上は間に合うと分かっているものの電車が事故か何かで止まったらお陀仏だから気が気でなく、イライラし、往復にかかる時間をムダにしてしまう自分へのいまいましさに何度も舌打ちしてしまう。

 そういえば私の血を引く忘れん坊長男が小学生のころランドセルを玄関に置いたまま登校することがよくあり、そのたびに私は「お前何のために学校行っとんじゃ」と大笑いしたものだが、仕事での忘れ物は笑えない。

 思いがけない失敗はやむを得ないとあきらめがつく。しかし凡ミスは自分への怒りになって襲ってくる。

 猿でもできるという反省をしてみるしかない。


 

 

山中伸弥さんと私の共通点と相違点

 ノーベル賞受賞研究者の山中伸弥さんをNHKの「プロフェッショナル」で取り上げた。

 山中さんが米国に向かう機内で読んでいたのはNHKラジオ「実践ビジネス英語」テキストだったし、京都大の研究所の机の上には「実践ビジネス英語」講師の杉田敏先生の著書『成長したければ、自分より頭のいい人とつきあいなさい――グローバル人材になるための99のアドバイス』がちらりと見えた。

 テキストは私も毎月買っているし、その本は私も読んだ。山中さんと同じように私もランニングをしている。温和で謙虚なところも私と同じだ。共通点は多いノダ。

 私の謙虚さを演出するために相違点を挙げておく必要がある。まず英語に関して。私はふだん使う機会が全くないので、錆びついている。次はランニング。山中さんは毎日走っていて、週に計50キロ。私は週に2〜3日で、週にせいぜい15キロ〜23キロだ。私の小者ぶりが際立つわけだな。

 それにしても、である。山中さんほどの人が『成長したければ、自分より頭のいい人とつきあいなさい――グローバル人材になるための99のアドバイス』を読むとは。山中さんより頭のいい人は少ないだろうから、探すのが大変ではないか。それにひきかえ、私のような阿呆は「我以外皆我師」である。ここは吉川英治に感謝しておくとするか。先生のおかげで謙虚さを強調できますって。

横浜マラソン当選!

IMG_0480

 横浜マラソンの地元枠抽選に落ち、一般枠の抽選はもう終わっているのに結果連絡メールが来てないなぁと思って念のためにゴミ箱を漁ったところ、あった。見ずに捨ててしまったらしい。しかも当選しているではないか。危ない危ない。気づいてよかったなぁ。

 私が初めて参加したマラソン大会が横浜マラソン10キロの部だった。距離計測が不正確とかで幻の大会に終わったやつである。恐る恐る10キロの部に参加したものの簡単に走ることができたから悪戦苦闘も痛みものどの渇きも喜びも悲しみも疲労も何もなく、以来満足感を得られるフルマラソンに参加してきた。

 死なない程度の早さで完走しよう。  

 残るは札幌マラソンと東京マラソン、京都マラソン、大阪マラソン、ホノルルマラソン、そして100キロウルトラマラソンか。

 何かアテを用意しないと私は倦む。横浜マラソン参加が決まったので、しばらくは倦むことから離れることができそうだ。

おきなわマラソンで亡くなったランナー

 おきなわマラソンを走っていたランナーが救急車で運ばれ、意識不明のまま亡くなった。70歳だという。沖縄在住の私の仕事仲間から聞いた。

 そうかー。亡くなったか。同じランナーとしてお悔やみ申し上げるしかないのだが、案外いい死に方ではないか。

 準備期間があるという点では余命幾ばくもないがん宣告を受けるのが一番いいけれど、突然死ぬのも悪くない。私はランニングしながら「このまま心臓が止まってもいいな」と思うことがある。

 男の理想の死に場所は一般的に「腹上」だが、男に突然死なれた女性が虎馬に苦しみそうだから、そこは避けたい。

 となるとランニング中の心筋梗塞は理想ではないか。死ぬほどの激痛が走るようだが、死ぬのだからよしとするか。というわけで、突然死目指してランニングに没頭した結果、心肺機能も脚力も向上してしまうのが人間だったりする。

那覇マラソン完走の感想および備忘録兼弥縫録

P1130526
 完走記念にベトナム製の“琉球ガラス”のメダルをもらって、私の那覇マラソンは幕を閉じた。5時間38分。4月の徳島マラソンが6時間だったのでいちおう自己新である。

 亜熱帯地方のマラソン大会は私にとって意外が相次いだ。当日の那覇の最高気温は28度。以下思いつくままに。

・徳島マラソンは募集1万5000人。那覇マラソンは3万人

・徳島マラソンの記録(6時間で完走)を申告したので、那覇マラソンでは最後のグループに入れられた

・那覇マラソンはランナーが多すぎるうえ、最後のグループはゆっくり走る人が多く、ペースを上げることができない

・給水所が左側にしかないうえ、短いので、気づかず通り過ぎたり、気づいても遅かったことたびたび。徳島マラソンは給水所が長かったからこんなことはなかった

・本土言葉のランナーが「32回も開催しているのに、給水所が右側にないとは」と呆れている

・給水所には水しかない(涙)

・20キロ辺りまで快調

・11時ごろから日差しが強くなり、日焼けしていると感じる

・25キロ辺りから頭が鈍く重い感じ。あれ? 熱中症? まずいかも。慌てて帽子を脱いで頭に風を当てる

・給水所で水を含むと吐き出しそうになる。スポーツ飲料がほしい

・徳島マラソンは大塚工場のおかげで全ての給水所にポカリなどがあった。これが当たり前だと思っていた私は迂闊だった

・「自分が飲みたいときに飲めるようにしておくほうがいい」というアドバイスが耳に残り、エヌエヌ生命からもらったリストバンドに念のために小銭を1000円分入れておいたのが本当に役に立った。ひめゆりの塔の前の自販機でダイドーの冷たいスポーツ飲料を飲み、生き返る

・このアドバイスをしてくれたのは前日ビーンさんと訪ねた北谷町のフロントマンズカフェの平山さん。彼女のアドバイスに助けられた

・27キロ辺りで吐いているランナーがいた。脱水症状だ。顔をしかめて倒れているランナーなどもいた

・給水所で受け取ったコップはすべて頭からかぶって頭と体を冷やし続けた

・水だと思って頭からかぶったらスポーツ飲料。ああ、飲みたかった。目に入ってしみる。頭も顔もべたつく。以来、コップを取ったらひとくち飲んで確認することに

・30キロ辺りにあった日清のチキンラーメンスタンド。熱々のチキンラーメンと塩味の汁が最高にうまい。これで元気が出て最後までノンストップで走ることにつながったと感じる

・スポーツ飲料を再び自販機で買ったが、全く冷えていなかった。そのほうが体にはいいのかもしれない

・給水所のスポンジ。スポンジはあるのに水が足りなくなっているところがあり、参った

・アクエリアスを飲むことができたのは中間地点付近の琉球銀行応援ブースとどこかの子供が提供してくれたとき。感謝感激

・フロントマンズカフェの平山さんから「サーターアンダーギーやちんすこうをランナーに配る人がいるけど、唾液を一気に持って行かれる」とアドバイスをもらっていた。試してみたら実際そのとおりだった(笑い)

・沿道の応援は聞きしに勝るもので、ランナーと応援者に一体感がある

・ヤクルトを2回、ミカンの房を数回受け取った。ランナーにはヌチグスイ

・ゴール近くで女性ランナーから声をかけられた。「ずっと後ろをついて走りました。助かりました」だって。「ペースメーカーとしてお役に立てたのならうれしいです」と走りながら言葉を交わす。静岡から来たという

・エヌエヌ生命の「チャリティーランナー」として走ったのは誇りであった。完走したランナー1人につき1万円をエヌエヌ生命が沖縄県社会福祉協議会に寄付する仕組みだ。誰かの役に立つために走っているという矜持を持ちながら走ることができた。素晴らしい企業活動であることを繰り返し強調しておく

・主催者は熱中症対策をもっと重視するべきである。スポーツ飲料の用意は必須。スポンジの水が足りないのは笑えない

・顔と手足が日焼けした。日焼け止めは必要かもしれないが、沖縄の太陽相手に果たして役に立つかどうか

・大会前の体重は59キロ台。大会から1日後の体重は61.2キロ。なぜ太った?(苦笑い)

那覇マラソン案内届く

P1130313

 大人気の那覇マラソンを私が走ることができるのは、協賛枠を持っているエヌエヌ生命とその枠に申し込んでくれた広島の信治さんのおかげである。最初に謝意を伝えたい。

 このエヌエヌ生命は協賛枠で参加する私のようなランナーが完走したら1人につき1万円を沖縄県社会福祉協議会に寄付するという。ランナーがお金を出すのではない。エヌエヌ生命が出すのである。立派なことをする生命保険会社であることを顕彰しておく。

 その代わりというか、ランナーはエヌエヌ生命が提供するシャツを着て走ることになる。それで完走したらエヌエヌ生命が1万円寄付するのだから私は何枚でも着ていいぞ。

 私が今度生命保険に入るとしたらエヌエヌ生命だな。全く知らない保険会社だったが、今では最も親近感を抱いている。相変わらず現金なワタシではあることは大いに認めるが、人間そんなもんよ。恩には報いる。「律儀」と言われて38年。うーんマンダム。

20キロ2時間7分

 那覇マラソンの準備で20キロ走っておいた。2時間7分。まずまずか。

 とくしまマラソンで6時間もかかって完走したのは全ての給水ポイントで飲み食いしたせいもあるけれど、それにしてはかかりすぎた。

 その理由として考えられるのは、マラソン大会が午前9時スタートなのに、私の普段のランニングは夜、つまり12時間ほどズレている。夜走るリズムができているので、朝のスタート時点では体が十分には目覚めていないように感じた。

 というわけで、今回もゆっくり完走する予定である。

つま先走りをランニングに導入

 普段のランニングにスローランニングを加えた。42分で6キロ少々ふつうにランニングし、8分で1キロほどスローランニングする。

 着地と走り方が異なる。普通のランニングではかかとから着地する。スローランニングはつま先で走る。使う筋肉が違う。つま先で走ると、ふくらはぎを使っていると実感する。

 スローランニングを少し前から時々取り入れていたが、ふくらはぎを鍛えることで毛細血管が元気になって血流がよくなるし、血管の中に毎日できる血栓を流し落とすことにも役立つと知って以来ランニングの際には欠かさず取り入れている。

 健康が私の動機になっているわけだ。オタクの面目躍如だな(苦笑い)。

 

那覇マラソン出場決定

P1010588

 那覇マラソン協会事務局から封筒が届いた。なんだろなーと思って中の書類を読むと9月15日までに参加費を送れと書いてある。

 なんとなんとなーんと、那覇マラソンを走ることになった。協賛社の枠である。

 制限時間は6時間15分。全ての給水所で一服しながら走ったとくしまマラソンは約6時間だったから大丈夫だろう。沖縄まで行って制限時間に引っかかったらいくら私でも笑えない。

 というわけで、週に数日のランニングがあしたから那覇マラソン対策になる。うれしいなぁ。

 機会を与えてくださった広島の偉大なる信治さん、ありがとうございます!

涼しくなるランニング

 夏場のランニングは、水で濡らして水滴がしたたり落ちる帽子をかぶる。これでランニングをすると頭が涼しいと気づき、1年前に始めた。

 それなのになぜ気づかなかったのだろう、体が涼しくなる方法に。さっそくやってみたところこれは気持ちいい。

 ランニングウエアを水道水で濡らして軽く絞り、着て走る。汗で濡れた状態と違って、体から熱を奪ってくれるので涼しい。

 問題は15分も走れば乾いてしまって、代わりに汗で濡れ始めることだ。まぁ仕方ないのだろうけれど。

 この方法を広げていくと、短パンとパンツ、靴下に靴も濡らすことになるかもしれない。うーん。ちょっと気持ち悪いかも。

とくしまマラソン完走メダル

P1320591

 とくしまマラソン完走メダルが届いた。当初の話では送料着払いだったが、抗議が殺到したのか無料で届いた。

 漫画のメダル。うーん。何じゃこりゃ。ロリータか。ナボコフもびっくりだ。

 漫画は人によって好みの差が激しい。そういうものを完走メダルにするかなぁ。

 よく見ると、右上に「おへんろ。」だって。私が走ったのはマラソンであってお遍路ではない。お遍路は四国全体のもので、徳島の専売特許ではないし。何だかなぁ。センスなさすぎ。

 奇をてらう必要はない。万人に受ける普通のメダルがいい。

とくしまマラソン3日後・完走メダル編

 完走したのにメダルがもらえない。これにはワケがある。

 私がゴールインしたのは15時ごろ。飛行機の出発が16時50分なので、時間の余裕があまりない。というわけで、田宮のゴールイン会場から助任の実家まで歩いて帰り、シャワーを浴びて荷造りして徳島大学前からバスに乗って空港に行った。けっこうドタバタだった。

 完走メダルは藍場浜公園で渡されることになっていた。ゴールイン会場から藍場浜公園まで歩けば20分くらいか。クールダウンにはちょうどいいけれど、この日のうちに神奈川県の自宅に戻る私にはその時間がなかった。

 完走メダルなんかいらんもんねー。最初は強がっていたけれど、思い直した。首にぶら下げるつもりは全くないけれど、完走した証になるブツとして持っていたい。もらっとく。

 というわけで、とくしまマラソン実行委員会に電話をかけて聞いてみたところ、着払いでよければ送ると言うではないか。お願いした。届くのを楽しみに待ちながらいくつか思う。

 その1。ゴール会場付近の交通渋滞などで近隣からいろいろな苦情があり、実行委員会が苦慮していることは理解するけれど、完走メダルはゴール会場で渡すべきである。

 その2。着払いで完走メダルをもらえるという表記が大会パンフレットに記されていないのは不親切である。

 その3。希望者はゴール会場から完走メダルを渡す藍場浜公園までバスで送っていく。県外の人など地理に不案内な人は乗るのだろうけれど、バスに乗るための長蛇の列ができていた。人が滞留した原因は藍場浜公園で完走メダルを渡すからだろう。この藍場浜公園で夕方、知事らが登場する催しが予定されており、ひょっとしてそのために動員をかけたいのではないかと私は勘ぐった。未必の故意程度には関係者の頭にあったはずである。犯罪ではないけれど。

 
 

とくしまマラソン2日後

 起きたら大腿部の軽い筋肉痛が残っているだけで、あとは通常通りに回復していた。コツコツと走ってきた成果がこういうところで現れるのかもしれない。

 ただし食欲はあまりない。性欲もあまりない(聞いてない?)。

 マラソン完走後は体力を消耗して免疫力が落ちているそうなので大事を取る。と言っても、どうすれば「大事を取る」ことになるのか分からないので、とりあえず風呂にお湯を満たしてできるだけ長い時間体を温めた。烏の行水である私にすれば4分もお湯につかっていたのは驚異である。って自分に驚くなよ。

とくしまマラソン翌日

 朝の7時に起きた途端に「完走したなぁー」としみじみ。よほどうれしいらしい。

 8時過ぎのJR東海道線に乗り、今日は「座らないルール」を曲げてあっさり座った。大腿部が筋肉痛になっていたからである。泣く子と筋肉痛には勝てない。

 歩くとギクシャクする。一歩を踏み出す際に気合いが必要だ。JR品川駅の雑踏で障害者の困難に思い至る。

 それは夕方突然やってきた。

 膝を後ろから突くとカックンと力が抜けて倒れそうになる。これは「膝カックン」として私が子どものころ流行した。その「膝カックン」が腰に来た。「腰カックン」と名づけよう。

 腰カックンは、姿勢のバランスが少しズレると腰に痛みが走ると同時に力が抜けて、「あうあうあうあう」などとうめきながらその場に崩れ落ちる。腰が抜けるというか、ぎっくり腰はこんな感じなのだろうか。

 この症状に襲われたのは私が帰宅してから。外でこんなことになったら周囲の人に心配をかけてしまうし、「何だコイツは」と誰も助けてくれないかもしれない。いや、こんな時に駆け寄ってくれる美女と結ばれるかな。想像は膨らむが、痛みで気力はしぼむ。

 ろくに練習していない知人が東京マラソンに当たり、完走した。彼は「座ったら立ち上がれない。立っていたら今度は座れない。こんな状態が3日続きました」と言って私を笑わせてくれた。私はふだんランニングして鍛えているのでまさか3日も腰カックンが続くことはあるまい。

 夜、食欲が来ない。何だか少し疲れてきた。インターネットで検索すると、内臓疲労でそういうことがあるらしい。そんな時は食事をやめるか軽く済ませるほうがいいそうな。あちゃー、昨晩はたらふく食ってしまったぞ。

とくしまマラソン当日

P1300389

 5時半ごろ起床。母が作った朝飯を食べる。野菜、しじみの味噌汁、牛肉、卵かけご飯。

 食べ終えたら急に催し、いきなり下痢。ありゃ。食べ過ぎによる消化不良が原因だろう。炭水化物を蓄えるという名目で食ったもんなぁ。ということは、消化不良のやつを全部出せばマラソンに支障はないだろう。というわけで、トイレに数回行って全部出たはず。

 早起きしたのはいいけれど、集合時間まで2時間以上あるので、また寝床に入る。私はふだん夜の時間帯に走っている。昼間は走らないので、今回のマラソンで果たして体がついてくるかどうか。

 ランニングウエアに着替え、ランニングシューズを履いて、帽子をかぶり、念のために500円玉をズボンのポケットに入れて、8時前に実家を出て、歩いて県庁前に。スタート地点もゴール地点も実家から徒歩圏内というのは本当に便利だ。何が便利って、着替えが必要ないから手ぶら。

 「神奈川県」と記されたゼッゲンを見たのだろう、「頑張ってよ」と声をかけられる。マラソン中も「神奈川頑張れ」と何度か声をかけられた。ワシは神奈川代表と違うっちゅうに。助任本町出身というとありがたみが減りそうなので黙っておいた。

 普段のランニングは10キロなら約1時間、20キロなら約2時間である。ということはフルマラソンなら4時間少々か。給水所で道草を食っても4時間30分もあれば十分だろうと踏む。

 5キロくらい走った辺りで、両足の大腿部のつけ根付近に従来ない違和感を覚える。念のためにゆっくり走ることにする。

 阿波おどりの応援の中に入って踊るつもりだったが、走るペースを乱したくないので残念ながら踊れずじまい。折り返し地点を過ぎたところでお坊さんたちが読経しながら応援してくれていたのは驚いた。残念ながら写真なし。

 応援はうれしい。私も応援してみたい。いや、応援にかこつけて自分のパフォーマンスをしたいだけだ。でも、応援パフォーマンスをしたとしても、きっとすぐに「応援ではなく走る側に回る」となるだろう。同じ阿呆なら、なのである。

IMG_1503

IMG_1504

IMG_1505

IMG_1506

IMG_1511

IMG_1512

IMG_1513


 すべての給水所で立ち止まって大塚のスポーツ飲料を飲んだりイチゴを食べたりそうめんを食べたりして、食い意地の張り具合だけは一人前か。肌寒い日だったので汗はほとんどかいていないように思っていたが、給水所でスポーツ飲料がほしくなる。自覚がないだけで発汗していたのだろう。

 途中で何度か歩いた。計1キロも満たない程度だが。

 前ばかり見るのではなく、吉野川や眉山をはじめとする山々に目をやり、ふるさとの景色を味わう。父の転勤に伴い私の徳島暮らしは7〜8年程度しかないので、徳島のことをあまり知らない。今回は「「ふるさと発見」のマラソンでもあった。

 9キロ辺りで高橋尚子さんに追い抜かれた。スポーツカーのような力強い安定した走りでぐんぐん遠ざかる彼女の後ろ姿を見て「こりゃ人間じゃない」と驚嘆する。走り方が全然違うのだ。彼女はゴール地点で両手を広げて待っていて、そのあとまたコースを逆走して、ゴールに向かう人たちの中に入って「もう少しですよ!」などと声をかけながら走っていた。偉いなぁ。でも化け物だ。彼女にしてもいいな。

 記録は5時間53分。記録は追わないので別にいいけれど、思ったより悪いので、少しだけショックを受ける。

 18時50分発の飛行機で羽田空港に。

 晩飯はうどんを食べたいのだが、自分でつくるのは面倒だ。自宅近くのデニーズに行ってみたが、私が食べたいうどんがない。仕方なくハンバーグや牛肉がたっぷり載った料理を食べてしまった。

 横浜マラソン10キロを完走したときは何の感動もなかった。10キロなら普通に走れる。しかし、フルマラソンは違った。爆発的な感動はない。いや、普通の感動というものとも少し違う。「おー、完走したか。意外にやるな」と42.195キロを6時間近くかけて走った自分の肉体に自信がついた。フルマラソン完走の最大のご褒美は肉体への自信だ。しみじみとわき上がる自信。

 次は那覇マラソンかホノルルマラソンだな。私と一緒に走る独身女性募集中と書いておいたら高橋尚子さんが来るかな(←来るわけがない)。

とくしまマラソン1日前

 実家で朝飯を食べている私に81歳の父は「ワシは高校時代に10キロを37分で走っとった」と自慢していた。父の機敏さが子供たちに全くこれっぽっちもダイダラボッチも遺伝していないのはご愁傷様なことである。

 昨年末に発覚した“最大の親不孝事件”で両親から小言を食らうが、済んだことを今さら(笑い)。こころの中で「心配をかけとるけん長生きできとんでよ」と我田引水。

 高3の時の担任・伝さん宅にごあいさつに伺い、バーバー岡田で散髪し、徳島市立体育館で参加登録をし、「橋本」を名乗る店の1つで食べた肉うどんの甘さに吐き気を催し、友人数人に会い、ガストで夕方わざわざポテトを食べて炭水化物をためこみ、夜の9時過ぎには睡眠改善薬を飲み、10時過ぎに寝た。快調である。

とくしまマラソン2日前

 ふだんは炭水化物を積極的に取らないのだが、フルマラソン対策として積極的に取っている。出張先の広島で晩飯を食べる時は必ず「ご飯大盛り」にした。甘い物も積極的に食べた。どれだけ食べても42キロ走れば消化されるだろうというダイタンなコンタンである。

 取材先の甘味処で出されたどら焼きを昼間に食べ、お土産にもらったどらやきを広島から徳島に向かう高速バスの中で夜また食べた。基本的に甘い物が大好きなので、これなら毎週フルマラソンを走れば毎日甘い物を食えると阿呆な計算をしてしまう。

 きのう軽く走っておきたかったのだが、右足が何となく変な感じがするので大事を取ってやめておいた。だから今日は何としても走っておきたい。

 高速バスは22時過ぎに徳島駅前に着き、そこから歩いて22時半ごろ実家に着いた。さっそく運動着に着替えて、走り出す。

 どこに向かうか。候補がいくつが浮かぶ。すぐに浮かんだのは高校時代に好きだったり付き合ったりした女の子の実家である。しかし、1人は同じ町内なので走れば3分で着いてしまう。もう1人は津田だから遠すぎて片道1時間以上かかりそうだ。

 というわけで、徳島市立高校に向かうことにした。徳島市民病院前を通り、住吉を通り、『女の喜ばせ方』などというエッチな本(たしかゴマブックスだった)を真面目な本と一緒に高校1年の時に買った本屋の前を通り、母校の門に15分ほどで着いた。往復30分。4時間もバスに揺られた疲れが取れていった(と信じたい)。

 あしたは休憩である。

とくしまマラソン3日前

 楽しいことがある前夜は幼稚園児状態になり睡眠不足で苦しむことが多いので、薬局で睡眠改善薬を買った。

 これで3日続けて睡眠時間を確保する。フルマラソンを完走するための対策その1である。

 対策その2は寝る前のアクエリアスだ。

 寝ているときに足がつることがある。足を守るために、つらないようにする必要がある。薬剤師に相談してみた。

私「足がつらないサプリみたいなもの、ありますか」

薬剤師「水分や加齢などが原因で起きますから」

私「水なら毎晩寝る前に飲んでいます」

薬剤師「普通の水ではダメで、マグネシウムがいいです」

私「マグネシウム?」

薬剤師「スポーツ飲料がいいですよ」

 というわけで、アクエリアスを買い、毎晩ふたくち飲むことにした。

 万全の体調で走るために、細かいことに気を向けるようになっている。いいことであある、たぶん。

とくしまマラソン用靴下を買うの巻

P1300176

 とくしまマラソンが迫ってきたので新しい靴下を買った。ランニングのサイトを見て回った限りだが、これが最も評判がいいようなので、否定する材料を持ち合わせていない私はとりあえず信用することにする。いま使っているアディダスの靴下は、ごく一部に穴が開いたけれど、2年ほど頑張っている。これくらいの丈夫さを新しい靴下に求めたいのだが、さてどうだろう。

 メーカーとしては丈夫な靴下を作ってしまうとしばらく買ってもらえない不安があるだろう。かといってすぐに破れてしまう靴下ならインターネット上で批判されてさっぱり売れなくなる不安もあるだろう。

 さて、この靴下の丈夫さは? とくしまマラソンを完走するまで破れなければとりあえずよしとするか。

とくしまマラソンのゼッケン届く

P1290672

 ゼッケンには番号と、なぜか「神奈川県」と記されている。なんでや? 

 わざわざ記してあるということは、誰かが何かに使うのだろう。例えば、沿道の人たちが「ごっつい遠いところから来とるでぇ。頑張ってなー」などと徳島県外のランナーを優先的にモテナす目印になっているとか。期待は高まる。しかし、ここで「ほなけんど実家は助任なんよ」などと徳島弁で言ってしまったらモテナシを棒に振りそうだ。

 先日20キロを128分で走った。走るのは何の問題もなかった。しかし、あとで肩がほんの少し張るような感じが数時間残った。5〜6キロはあるだろう頭を載せて2時間走るとそれなりの負荷が首や肩にかかるはずで、その影響かも知れない。だとすると、40キロ走ったあとはこの負荷が増す。想定しておくべき肉体のダメージはこれくらいか。

 あとは楽しく走るだけである。運動会の徒競走で1〜2位に入ったことがないワタシは速さを競わない。というか、最初から放棄している。阿波おどりを踊りながら走る。そんなイメージだな。同じ阿呆なら走らにゃソンソン♪と。

 

 

ランニングシューズの交代

P1290676

「ランナーを選ばない万人向けバランスシューズ」、「初心者からセミプロまで使える万能シューズ」、「流通在庫のみなので見つけたら即買い必至」などなど『モノダス2016』などで絶賛されているアシックスのGT−2000NEWYORK3をインターネットで見つけ、5500円ほどで買った。定価は11800円である。

 実はこの靴を神保町界隈の運動具店で探したのだが、次のシリーズの「4」しか置いていない。「3」が絶賛されたからか「4」の定価は高い。そりゃないなぁとぼやきながら念のためにネット検索したらヨドバシドットコムなどで扱っているではないか。即注文した。わはは。


 ランニングを始めて2年近く(私の記録が正しければ340回)履いてきたアディダスのランニングシューズで4月のとくしまマラソンに出て有終の美を飾らせてやりたかったのだが、靴底がボロボロになってきて、足の甲の部分は破れそうになっている。履きつぶすのもいいけれど、普段履きにして余生を送らせてやることにする。

 靴でも情が移る。



走るぞ「とくしまマラソン」42.195キロ!

P1260920

 2016年4月24日開催の「とくしまマラソン」42.195キロに偶然エントリーできた。

 フェイスブックのタイムラインに「徳島新聞ニチヤン」さんが<来年4月24日開催の「とくしまマラソン2016」の先着受付が午後10時からスタートします。今年は何分で定員になるのでしょうね。→http://www.tokushima-marathon.jp/entry.html>と流したのを24時前に見つけ、アワを食いながらアワててサイトに行ってエントリーした。

 マラソン大会の日程を把握していないものだから、「あれ? 申し込み、もう終わっとるがな」という事態が何度もあった。去年の「とくしまマラソン」はその1つだった。

 それが「徳島新聞ニチヤン」さんのおかげで気づくことができた。ほんまありがたいなぁ。徳島の実家は長年『徳島新聞』を購読しているので、これをもってお礼にしたい(全然お礼になってないか?)。

 出発地点は徳島県庁前、ゴールは田宮の陸上競技場。どちらも実家から徒歩圏内である。まるで私のためのマラソンコースだな。

 唯一残る問題は、前日に私が徳島に帰ることができるかどうかである。まぁしかし先のことを今から考えてもどうにもならん(という無計画が数々の失敗を重ねてきたのだが)。フルマラソン初挑戦が古里徳島の「とくしまマラソン」に決まったことを喜んで、日々のランニングに励もう。でもまだまだ先だから、本格的なランニングはもっと先でいいか(という先送りが数々の失敗を生んできたのに相変わらず反省せんやっちゃ)。

寒がりの私が半袖短パンでランニングしながら思うこと

 子どものころ「寒風摩擦」だと思っていた。少なくとも私の母は「かんぷーまさつ」と言っていた。寒い風に当たりながらタオルでゴシゴシやるから「寒風摩擦」は筋が通る。「乾布摩擦」と知ったのは最近である。

 私は夜走る。半袖短パンである。寒がりなのに、半袖短パンで外に出る時は体がしゃきっとしている。寒さから体温を守る態勢に入っているのだろう。人間の体はよくできている。

 寒風の中ランニングしていると、「寒風摩擦」という表現がぴったり来ると感じる。ランナーにとって冬のランニングは「寒風摩擦」なのである。だから風邪を引かない。引く気配さえない。

 ランニングで「寒風摩擦」をしているおかげだと私は確信している。しかし自分で言うのも何だが、阿呆だからだという線は否定しがたい。 

ほうほう、これが熟睡する方法じゃな

 薄々気づいていたけれど、これはもう間違いない。熟睡する方法である。肉体が疲れ果てれば熟睡できる。夜中トイレに起きることさえない。

 最近いろいろ考えることが多くなったせいで、寝付きが悪くなり、目覚ましを設定した時間より2時間も早く目が覚めて眠れないという睡眠不足の日が続いた。

 そんなある夜、計画を実行した。従来40〜50分くらいのランニング時間をゆっくりのペースで74分ほど走ってみたのである。効果覿面、その夜はあっという間に寝入り、朝まで熟睡した。

 頭や気持ちが疲れていても“睡眠剤”にならないことがある。しかし肉体を疲れさせればコロッと眠れる。ランニングっていいなぁ。

冷房で冷えたらランニング

 風が吹けば桶屋が儲かる式だが、冷房に当たりすぎると汗腺が閉じてしまって体温調整ができなくなり、体内に熱がこもって体調が悪くなる。こんな経験を数年前にした。もうこりごりだ。

 冷房の効いた部屋で数時間過ごすと悪夢が蘇り、危機を感じて落ち着かない。トイレに行くふりをして、外に出る。閉じた汗腺が熱気にさらされてやんわりとくつろいで背伸びするような感覚を味わう。これでしばらく大丈夫だ。

 健康を害しても誰も責任を取ってくれない。自分で守るしかないのである。

 朝から夕方まで冷房のよく効いた部屋でやむなく過ごす時はランニングをするに限る。汗腺を広げて、体の奥底から汗と熱を絞り出す。冷房とランニングは名コンビなのである。

ランニング再開!

 理学療法士さんから「まず10分以内。痛みが出たらすぐに中止を」という条件でお許しが出たので、恐る恐る10分だけ走ってみた。5月17〜19日にかけて悶絶しまくった痛みの記憶が残っているのでおっかなびっくりでのランニング再開である。

 私の正式な診断名は「左股関節外閉鎖筋損傷」。正確には「肉離れ」とは少し違うそうだが、痛いの痛くないのって(どっちだ)。

 理学療法士さんは私の足をあれこれ動かしたあと「右足の関節の可動域が狭いし、右腸腰筋と中腰筋の筋力が低いので、左足に負担がかかったのかもしれませんね。あくまでも推測ですが」と言う。ということはこれからも起こりうるのか(^◇^;)。

 ランニングの愉悦を知ってしまうと、走らない人生は考えられない。痛いの痛いの飛んでいけー!




 
読者のお言葉
月別分類
略歴

ニシノ説論者

ニシノ書店