同じ阿呆なら泥と炎のニシノ説

軽挙妄動のワタシが世の中の出来事や身の回りの出来事に対する喜怒哀楽異論反論正論暴論をぐだぐだ語り続けて3300回

企業の広報を採点しよう

ニコンのレンズカタログが駄目な理由

P1130308

 良くも悪くも職人肌のニコンである。職人肌に私は敬意を表するのだが、万人が理解するかというとそれはない。

 試しにカメラレンズのカタログを見比べてみる。ここに端的にニコンの問題が出ているからだ。

 ニコン……78種類のレンズを載せたカタログは32ページ

 富士フイルム……19種類のレンズを載せたカタログは32ページ

 ソニー……65種類のαレンズを載せた総合カタログでレンズに割いたのは57ページ

 パナソニック……26種類のレンズを載せた総合カタログでレンズに割いたのは45ページ

 ニコンのレンズカタログを見ても楽しさがない。レンズが多すぎて選びにくい。分かる人には分かるという姿勢で、これでは大多数に通じない。カメラ女子などごちゃごちゃしているニコンのレンズカタログなど見たくもないだろう。これで経営がうまく回っているのならいいけれど、映像部門で350人も削減する事態に陥ったではないか。

 ニッコールレンズの歴史をひもとき、技術陣の開発への執念を表現し、レンズの1つ1つに愛情を注いだ説明を写真入りで載せるカタログを私が広報なら作る。これでもかこれでもかこれでもかと全身全霊を傾けて伝える。

 キーミッションの宣伝映像に時間と手間とお金をかける前にカメラレンズの宣伝にお金をかけるべきだった。これからは経費を削減せざるを得ないだろうから、「カタログがイマイチ → 消費者への訴えが小さい → 売れない → 経営悪化 → 経費削減 → カタログがイマイチ」という悪循環を続ける、のか。

 東芝やシャープあたりと組んで復活を目指すほうがいいかもしれない。

『キーメッセージのつくり方』が触れなかったそこが知りたい

 元博報堂制作部長の高橋宣行さんの『キーメッセージのつくり方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)は企業広報の観点から言葉を編み出す過程を詳述した。言葉づくりを仕事の1つにしている私には勉強になった。

 しかし、私には「そこが知りたい」部分が残る。

 例えばウォルト・ディズニーの創業理念「ファミリーエンターテインメント」はほかの遊園地にも共通する言葉だ。ホンダの基本理念「3つの喜び」もどの企業にも共通する言葉である。資生堂のコーポレートメッセージ「一瞬も一生も美しく」とてほかの企業に共通する言葉ではないか。「For beautifuk human life」という言葉はカネボウでも資生堂でもBMWでも花王でも使える。

 普遍性の高い言葉は、ほかの企業で使っても違和感がない。言葉を抽象化や純化させると、発信者とのつながりが見えなくなる。

 この企業だからこの言葉しかない、という強い結びつきがほしいと思う私は無茶なことを考えているのだろうか。

 だったらお前が考えてみろと突っ込まれそうだが、私に名案があるわけではない。ただ、「カッコいい言葉を並べても結局あんたの商売でしょ」と言われたら腰砕けになる言葉は説得力を欠く。とりわけこれからの消費者の主流を占めるミレニアム世代には響かないのではないか。

 毎日新聞社が1991年に制定した企業理念の基本理念はこうだ。

 毎日新聞社は、人間ひとりひとりの尊厳とふれあいを重んじます。生命をはぐくむ地球を大切にします。生き生きした活動を通じて時代の創造に貢献します。

 制定を担当した先輩は当時「地球という言葉を入れた」と自画自賛していたが、私には今もピンと来ない。「で?」とツッコミを入れたくなる。ことほどさように言葉で独自性を100パーセント出すのは難しい。言葉の限界かもしれない。

大塚家具のお家騒動

 大塚家具のお家騒動がおもしろおかしくテレビのワイドショーで取り上げられている。お父さんにとっても娘さんにとっても大問題なのだが、世間にとっては見世物でしかない。

 どちらも記者会見での質問に真正面から答えている。律儀な人たちなのだ。それだけに見世物になってしまっているのが残念である。親子そろって企業イメージに打撃を与えている。

 社内外で止める人はいないのか。

偽装を発表するなら今だ!

 阪急阪神ホテルズに端を発したレストランの偽装問題が呼び水となって、ほかのレストランなども「偽装がありました」と相次いで公表している。いろいろな店が相次いで発表するから、私などワケが分からなくなるし、興味を失う。
 報道機関も同じだ。「またか」と記者だって食傷気味になる。記事はどんどん小さくなる。悪い記事が目立たずに済む。偽装の悪事を発表するなら今である。

 私の記憶に残っているのは退任させられたあの鼻っ柱の強い社長さんだけである。あの社長さんのおかげで、他社の偽装の影が薄い。他社は感謝すべきである。

 しかし、帝国ホテルで偽装が発覚したら大ニュースになるだろう。一時期帝国ホテルに入り浸った私は、いろいろと見てきたから思う。このホテルだけは別格だ。

 私でさえそう思うから、東京の社会部記者は調べているかもしれないなぁ。

「今でしょ!」を広めた人は林修ではない

 東進ハイスクールのCM「今でしょ!」で話題の林修講師だが、私が「すごい」と思うのは林先生ではない。CM制作のためにビデオから「今でしょ!」にピンと来て発掘した広告代理店の担当者である。この発掘がなかったら「今でしょ!」は埋もれていたに違いない。

 林先生はもういいから、私はこの発掘者が知りたい。

 

日揮の報道規制への疑義

 週刊誌の報道によると、アルジェリアのテロ事件で家族に問い合わせることなく日揮が勝手に家族の意向をでっちあげて名前の公表を拒んでいたことが分かった。

 ほーらやっぱり。

 そもそも生死の状況が分からない切羽詰まった段階で会社が家族に「報道に名前を出さないほうがいいと思うんですが」などと意思確認をするわけがない。

 日揮にしてみればいずれ賠償問題に発展するわけで、家族に横の連携を取られたくないと思ったのではないか。名前が分かれば家族は足並みを揃えるべく連携するからね。

 企業が隠そうとする場合たいてい何か思惑がある。

 報道各社は堂々と取材しなさい。

 

日揮部長のブレザー姿と訃報

 アルジェリアで起きた痛ましい事件で大勢の死者を出している日揮の広報担当者の服装に違和感を抱いた。金か銀のボタンがついたブレザーなのだ。

 死者が出ている状況で金だか銀だかのボタンの服装をするのは無神経と言わざるを得ない。無神経で鈍感な私でも、この状況なら静かな色合いの服装で取材を受ける。

 広報は会社の顔である。場をわきまえた服装をしよう。

“特ダネ”消える

 その分野の関係者には常識でも世間一般では知られていない話がある。初めて聞いたとき「いける! 絶対にいける!」と思ってニュースリリースに仕上げた。“特ダネ”に近いそのニュースリリースを、すでに発送したと思っていたら、何の手違いかセンセが1カ月くらい持っているではないか。げげげと思った矢先にNHKが特集で放送してしまった。

 がーーーーーーーーん。

 それならばとその分野で2本目の“特ダネ”をまとめていたところ、今度はお堅い週刊誌に書かれてしまった。

 がちょーーーーーーん。

 立ち直れない。

ニュースリリースの書き方

 ニュースリリースを長年受け取る側だったので、いろいろなニュースリリースを見てきた。その経験を活かして、ある業界の人で希望者にニュースリリースを出すお手伝いをしている。

 叩き台から完成まで私がすべて書く場合もあれば、叩き台はその人が書いてきて、私と質疑応答をして、私が完成させる場合もある。そのうえ、ニュースリリースの送付先まで私が用意する。

 その人の費用はニュースリリースのコピー代と封筒代、送料だけ。業者がやれば何十万円もかかる作業が私の手にかかれば2000円もかからない。素晴らしい(自画自賛)。

 こうして私はある業界で実力のある人たちとのネットワークを築くことができる。いざという時に私が助けられるし、先日は私の大事なお客様をある実力者に紹介して喜ばれた。

 こんなことを無料でやっているのは私くらいだろう(我田引水)。私を信じる人を私はお手伝いするだけだ。信じない人は大損をしていることは間違いない。

異議アリ

 毎日かあさん読むなら毎日新聞――。毎日新聞社のテレビ宣伝の言葉である。

 「毎日かあさん」とは『毎日新聞』で連載中の西原理恵子さんの人気漫画である。

 宣伝文句に間違いはない。しかし、『毎日かあさん』が単行本になってから読めば新聞購読代よりはるかに安いし、余計な記事がない(笑い)。

 毎日かあさん読むなら単行本で、とも言えるわけで、『毎日新聞』を講読することは『毎日かあさん』を読むための十分条件でしかなく、必要条件ではない。

 まぁ、宣伝文句はもともとそういうものなのだが……。

民主党の広報は分かりやすい

 うまい。端的で分かりやすいのがいい。民主党の「政権交代」は有権者に訴える力がある。

 「政権交代」の四文字熟語(?)を蹴散らす“四文字熟語”を自民党が提示しない限り、今回の衆院選は民主党が勝つことになる。

 民主党の「政権交代」に対して私などは「で、それが何?」と意地悪に突っ込みたくなるのだが、世の中の大半の有権者は優しいのである。

中萬学院系の東進パンフレットはすんばらすぃい!

 神奈川県内では有名な中萬学院が運営する「高等館」というところから東進衛星予備校の宣伝資料が送られてきた。

 これが実によくできている。

 東京大理科粁爐箘豢饗隋東京工業大に合格した学生のデータとして「東進センタープレ入試模試推移」というグラフを載せている。縦軸に点数(1000点満点)、横軸に歳月(月)を置いたグラフである。

 ところが、横浜国大教育人間科学部合格者のグラフを見ると、縦軸の点数の上限が500点のグラフになっている。あれっと思ってほかのグラフを見てみると、浜松医科大合格者は800点を上限にしたグラフになっている。このほか、上限が500点だったり600点だったり400点だったりとバラバラなのである。

 成績の伸びが見た目に分かりやすいよう縦軸の上限を変えているのである。姑息とは言うまい。すんばらすぃい! 

 なお、ここに登場したある学生さんは高校の推薦で医科大に合格している。「入試」を受けていないのである。そういうことを明記していないのもすんばらすぃい! 

 少なくとも私の子供たちにはデタラメを見抜くチカラを養う基本教材になった。ありがとね。

印刷できない地図なんて

 企業がホームページを持つようになった。いいことではある。たいてい「アクセス」というページを設けている。最寄り駅や地図などを載せている。

 初めてその企業を訪ねる場合、この情報が役に立つ。私の場合できるだけそのページを印刷して持っておく。気の利いたというか利用者の立場に立つことができる企業は簡単に印刷できるようにしてある。

 印刷できるようにしていない企業は……何も考えていないのだろう。

 このご時世に地図や最寄り駅情報をわざわざ書き写さなければならないわけで、何を考えているんだと言いたくなる。あ、何も考えていないのか。思わずナットクである。

ちょっと苦しい“裏”磐梯

裏磐梯 JR東京駅と丸ノ内線東京駅を結ぶ通路で見かけたのが福島・裏磐梯の観光ポスターである。

 裏磐梯の「裏」をなぜか天地を逆にしている。「裏」の文字を裏返してもあまり代わり映えしないから、天地をひっくり返したと思われる。そこまでして「裏」を強調する意味があるのか?

 この観光ポスターは失敗だと思う。コンクリートジャングル(古いかな)で仕事をする都会の人にアピールすべきなのは、裏磐梯を訪れた都会の人が自然に囲まれて癒されるイメージではないか。

 「裏」を逆立ちさせてもねぇ。

ソニーのカタログにミスあり!

ブログネタ
.気になったニュース に参加中!
ソニーのカタログ

 ソニーのカタログにミスがある。ミスがあるのは2008年2月発行の<ICレコーダー/テープレコーダー/ラジオ/ラジオカセット総合カタログ>の11ページだ。

 MDレコーダーの解説が記されている。

 MDレコーダーの再生スピード調整について、<目的に合わせてテープの再生スピードが変えられます>と記してある。

 テープ? MDレコーダーはMDを使っているからMDレコーダーなのである。テープは使わない。

 次の12ページにはテープレコーダーの解説が載っていて、同じ記述がある。どうやらここから流用したらしい。

 このカタログをつくった人はMDレコーダーを使ったことがないのか? それにしてもソニーの確認も甘い。

 記念に(何の記念だ?)証拠写真を載せておこう。

船場吉兆のメディア対応のまずさ

ブログネタ
.気になったニュース に参加中!
 元従業員らが「会社主導で偽装をした」と告発したことへの問い合わせから船場吉兆は逃げ回っている。それだけならまだしも、17日夜7時のNHKニュースで湯木尚治取締役の単独インタビューらしきものが放送された。

 湯木さんは数あるメディアの中からNHKを選んで取材に応じたのだろう。インタビューの中身は相変わらずの責任転嫁だったから、それ自体は価値がない。放送したNHKもインタビューに価値がないことは分かっている。

 湯木さんのまずさはそういうことではなく、謝罪する側に立った企業が1社だけの取材に応じてしまったことのまずさである。

 謝罪は世間一般に向けて頭を下げる行為であり、記者会見であらゆるメディアの前で頭を下げ、それを広く報じてもらうことで終結する。

 湯木さんがやったのはNKH以外の報道機関を敵に回す行為でしかない。いや、NHKとて許してくれまい。「うちだけ取材に応じたから甘くしよう」とは思わないのが報道の世界である。

 つまり湯木さんの行為は記者の怒りをますます燃え上がらせただけなのだ。大勢いる記者の取材力を知らないのか単になめているのか。

 湯木さんのこうした判断の甘さを見る限りでも、偽装事件の犯人が誰なのか容易に想像がつく。

 船場吉兆が再起を期すために、これ以上墓穴を掘ってはならない。

赤福社長の最大の失敗は

ブログネタ
今日の出来事 に参加中!
 伊勢の迷物「赤福」の偽装事件で釈明とお詫びに追われる若社長を見て、つくづく思う。危機管理広報ができていない、と。

 取材対象がウソをつけば記者は猛烈に張り切る、ということを知らなかったのか。火に油、いや、火にガソリンである。

 記者に追及されて右往左往する様子が映像で全国に流れる。創業家一族は赤恥をかき、会社の信用は失墜し、恥ずかしさのあまりしばらく表を歩けなくなる。

 こうなる前に手を打つべきだった。膿を1回ですべて出し切れば、痛みも1回で済んだものを。 

 

 

ポータルサイト「ライブドア」は偉い?

 ライブドアに東京地検の捜索が入ったという共同通信の記事を、当のライブドアのサイトで掲載しているではないか。

 偉いと言うべきか、主体性がないと言うべきか、しょせんポータルサイトはそういうものでしかないと言うべきか、自社で取材執筆した記事ではないから仕方ないと言うべきか、潔いと言うべきか、たくましいと言うべきか。

 あげつらうことはできるけれど、企業の姿勢として悪くはない。ライブドアのサイトだけ記事を載せないことは無意味だからということでしれっと載せたとしても、その姿勢は悪くない。

ナチュラルビートは×××××

 ナチュラルビートという軽食の店が東京都内にいくつかある。自然食風の店である。

 よさそうな店だったので数ヵ月前に本社に取材を申し込んだことがある。しかし返事がない。そこでもう1回申し込んだが、これも返事がないままである。

 質の低い会社のものは食べないことにしている。ナチュラルビートもその1つである。

ネスレ日本の対応は×××××

 私の仲間がネスレの東京オフィスに電話で取材を申し込んだところ、神戸にあるネスレ日本で対応すると言われた。

 電話をかけた仲間に対して、大崎という人は「電話取材には応じられない」「担当が外国人なので取材は英語で」などと言ってきた。要するに、神戸に来て英語でやれ、ということである。

 仲間は呆れ果て、「もうけっこうです」と取材を断った。すると、大崎という人は「東京で取材の対応ができる」と言ってきた。

 今までのやり取りは何だったんだ?

 不誠実に不誠実を重ねたネスレ日本の対応と違いの分かる広報担当者の不在を、ドトールコーヒーを飲むたびに私は思い出す。

 ここまで不誠実な対応を私は聞いたことがない。4月の話である。

日立の広報は×××××

 私は日立の商品を買わないよう努力している。

 5年ほど前の話である。原稿執筆に必要なので、日立の広報に電話して、パソコンの広報資料と写真を送ってほしいと依頼した。電話に出た中年風のおっさんは実に調子よく快諾した。「はいはーい」というノリだった。

 ところが送ってこない。

 締め切りに間に合わないので、御茶ノ水駅近くにある日立本社に出向き、資料をもらうことにした。対応に出た広報の若い女性に、試しに(試してしまうところが私のいいところである)名刺を渡してみた。

 「普通」なら相手も名刺を出してくるものである。

 予想した通り、この若い女性社員は名刺を出してこなかった。「普通」ではないということだ。異常というか無礼というか礼儀知らずというか、まぁどうでもいいけれど、要するに莫迦である。

 後日、この一件を広報一筋の友人に話したところ、日立の広報のひどさは有名だそうな。

 広報は企業の顔と言われる。広報が莫迦丸出しの素顔を見せてくれた日立の商品を私は買う気になれない。
読者のお言葉
月別分類
略歴

ニシノ説論者

ニシノ書店