同じ阿呆なら泥と炎のニシノ説

軽挙妄動のワタシが世の中の出来事や身の回りの出来事に対する喜怒哀楽異論反論正論暴論をぐだぐだ語り続けて5000回超

学習院初等科

学習院初等科の面接と志願書の関係



 難関学習院初等科をはじめ、いくつかの小学校では親の面接が課される。その際に用いられるのが志願書である。

 志願書をどう書くか。ここに知恵を絞らなければならない。なぜなら志願書に書かれた内容を踏まえての面接だからだ。

 日本一の指導内容を誇る幼児教室・慶進会(東京・麹町)の島村美輝塾長の解説をまずは見てみるべきである。島村塾長の指導はぶれない。その辺のデタラメな幼児教室と根本的に違う。指導にれっきとした根拠があるのだ。

小学校受験の幼児教室なら

 慶應幼稚舎や暁星小、学習院初等科、青山学院初等部、雙葉小などの小学校受験を考える際、最も重要なことはどこの幼児教室を選ぶかである。ロングセラーになり、名著の誉れ高い『慶應幼稚舎合格バイブル』を書いた私が自信を持って勧めるのは、麹町慶進会幼児教室(東京・麹町)とパル・クリエイション(東京・茗荷谷)である。どちらも経営者兼教師のぶれない指導が魅力だ。

 最近、麹町慶進会幼児教室の島村美輝塾長の話をうかがう機会が多い。私が島村塾長に10年にわたって深い信頼を抱いているのは、人間形成の土台になる幼少期の教育であることを強く意識した幼児教育をしているからだ。三つ子の魂百までと言われるように、慶進会で学んだ子供は難関小学校受験を突破して、たくましく賢明な人生を送るに違いない。島村塾長の話は奥が深く、聞いているとあっという間に数時間経つ。子育ての血となり肉となる内容なので面白くて仕方ない。

 私が知る限りでも怪しげな幼児教室が多い。たまたま自分の子供を小学校受験させた程度の経験しかないのに幼児教室で教える人がいたりするし、ただでさえ情報が少なくて不安になっている親をでたらめ情報で煽って平気な人が幼児教室を経営していたりもする。むちゃくちゃと言うべきだろう。

 だからこそ、真っ当な、本当に真っ当な幼児教室で、真っ当な教育を子供に受けさせることが重要なのだ。

 
読者のお言葉
月別分類
略歴

ニシノ説論者

ニシノ書店